スピッツ犬「シロ子嬢」を読む

 猫をきっかけに、長谷川如是閑(1875-1969)の文章を少しばかり読んでみると、大変偏った興味深い人物に思えてきた。

   人間より犬が好きだと公言し続けていたこと。

   2.「断じて行わず」をモットーに、決して行動の人とならなかったこと。

 

 一について。如是閑は、亡き飼犬を、亡き友と称して、随筆「亡友四匹」にした。飼犬を奔放に扱った様子が知れる。そのうちの一匹は、朝の通勤で如是閑を最寄りの「電車の停留所」まで見送るポインターで、帰り道他家の犬と喧嘩し、庭に入り込んで荒らしたり、畑の中を走り回るため、近所で悪い評判が立ったのだという。如是閑は、苦情を放置していたが、愛犬は村の何者かに毒を飲まされ、死体で発見されたと書いている。

「庭を金網で囲って多くの和洋犬を放ち飼い」する暮らしは戦後も続く。文化勲章を受章(1948)、文化功労者(1951)になった後、小田原住まいの1964年に、純白のスピッツのメス犬の様子を「シロ子嬢」という随筆で書いている。

 それによると、台所に迷い込んだメスのスピッツを飼っていたが、家を出たきり帰ってこない。近所の中学校にスピッツの迷い犬がいるというので、家人が見にゆくと別の犬。「飼ってやったらと、いわれて家に連れて来ると、すぐに家のものに馴染んですこぶる行儀がよく、何も教えないのに、まるで家の子供の様に振る舞うので、そのまま飼犬にした」。

 独身を貫き、子供のいなかった如是閑は、シロ子の、訪問客への対応、状況判断に感心し、「昔の子供が、何ら言語による教訓を与えられずに、自然と家の躾を身につけるという、日本の家の伝統―いまの日本の家にはほとんど失われているーを、洋犬でありながら、立派に引き継いでいるのである」とまで言って褒めている。(前の飼い主が、躾けたからと思わなかったのだろうか)

 

 第二については、大阪朝日新聞退社後、同僚の大山郁夫、京大の河上肇の3人を同人として、発刊した「我等」の運営の仕方でも伺われる。編集は大山と如是閑が行い、校正は東京帝大の学生が無報酬で手伝ったが、「そのころ河上、大山の両君は実行運動にはいったが、「我等」の同人は『運動』に関係しないという約束だったので、退社してもらって、私一人になった」。

 国家主義マルキシズムの対決が鮮明になっていく昭和初期の思潮のなか、マルキシズムなどの「『運動』に参加するよう勧誘されたが、一切断って、私のモットーの一つの「断而不行」を厳守して『運動』は一切断って、『時代遅れ』とそのころからいわれていた、自由主義の孤塁を守って、『我等』に立て籠って、ついに十年つづけた」(1963年「行易不行難」)と振り返っている。

「行うは易く、行わざるは難し」のモットーを貫き、時代の熱狂や団体行動を嫌ったようだ。

 祖先がお城大工の棟梁だったので、職人気質を受け継いだという人物評もある。猫、犬からたどり着いて読んでみた明治ー大正ー昭和のジャーナリストは、ズレ加減が興味深く不思議で、もっと他の著作を読んでみた方がいいかと思った。

 

f:id:motobei:20191121143059j:plain

事務所の近所に持ち帰りコーヒーの店が開店した。手書きの店の名刺に、猫のスケッチがあったので貰ってきた。