春草の「黒き猫」と泣菫の一言

 重要文化財「黒き猫」の作者、菱田春草(1874-1911)は明治時代、日本画の改革を進める岡倉天心横山大観らとともに、日本画壇から猛反発を受けながら、新しい日本画の道を切り開いた人物として知られる。

 36歳で亡くなったため、大観の陰に隠れているが、大観は春草こそ本当の天才といい、後年小川芋銭が「黒き猫」を宋代の写実画に遡っても簡単には得られない「神品」と激賞している。

 しかし存命中は一部以外からは評価されず、遺作展で明治天皇が作品を購入してから一気に人気、評判が高騰したという悲しい現実がある。

 

 「黒き猫」部分



 春草は死の前年に発表した「黒き猫」のほかにも、白猫など猫の作品を残している。村松梢風「本朝画人伝」(1948年、雪月花書房)には、「黒き猫」の制作の2か月前、木挽町の小家で雨宿りした際、少女から手習筆を借り、彼女のハンカチに猫を描き、春草筆と落款を入れたと書いている。

 

 ところが、春草は猫が嫌いだったと、薄田泣菫が書き残しているのがずっと気にかかっている。

 春草の没後数年経った大正初めに「猫と新思想」を大阪毎日新聞に掲載した泣菫は、その中で、春草の猫の絵を見て、「黒猫」を書いたアラン・ポオ、アンゴラ種の猫を撫でながら創作したボオドレエル、遺産を猫に残した政治家リセリウなどと同様に春草も「猫の眼を通して神秘の淵を覗き込まうとする一人かと思った」と書きだしている。

 それが、「聞いて見ると、菱田氏は動物のなかでも猫が一番嫌いだったといふ事なの」だった。「理由を訊ひて見ると、その動物の有つてゐる阿諛(おもね)るやうな、嬌えた声で、物を強請(ねだ)る容子がどうも性にあはないといふのらしい」。

 泣菫は、「画家ともあらうものが、趣味の低い一般の人達と一緒に、動物にまでそんな見方をするのかと、それが気の毒でならなかった」と怒り口調なのだった。

 

 泣菫とあろうものが、「趣味の低い一般の人達」という表現をしたことに違和感を覚えるとともに、なんだか、不当な言われ方をする春草が気の毒になった。春草を自分なりに調べて見た。

 

 

 春草は1903年、29歳の時、6歳年上の横山大観に誘われて、英国植民地下のインドへ渡航している。インド東部に存在した藩王国、ティパラ王国の宮殿の装飾用の絵を描くためだった。

 前年王国を訪れた天心が、国王から宮廷の装飾を頼まれ、日本美術院の同人横山大観に振り、大観は春草に助けを求め一緒に渡航したのだった。

 ところが2人は、カルカッタに到着すると英国の官憲の監視下に。英が2人の王国への入国を禁じ、宮殿の装飾は英画家が行うことに変更したのだった。日本画家が藩王国宮廷の仕事に関与することは、植民地支配下で不穏な動きとされたのだ。

 間に立ったインドの詩人タゴール(後年アジア人初のノーベル文学賞受賞)が2人の面倒を見た。3か月カルカッタに滞在した2人は、インドの仏蹟などを旅行し、日本画を多数創作。タゴールの計らいで開催された展覧会では、予想以上の収入を得ることが出来た。2人は渡欧を決め、英国行きの船の切符を購入したが、日露戦争開戦前の険悪な国際情況を知り急遽帰国したのだった。

 大正15年刊行の「大観自叙伝」(中央美術社)は若き日の大観と春草の冒険談が描かれ大変興味深い。

 人騒がせな天心は、翌37年2人を誘って渡米する。春草らが伊予丸に乗り込んだ日、対露宣戦布告がなされたのだった。乗客らは上甲板に集められ、突然訪問した伊藤博文の講話を聞かされた。英国派遣の末松謙澄が乗船していたためだった。

「宣戦布告の詔勅が下った。太平洋には露国の軍隊が頻りに出没してをるからこの船は果して無事にシアトルに到着するかどうかは判らない。私の身も、亦同じ事で或はこの船が太平洋の藻屑になり、私の身は朝鮮の土になるかも知れぬ」。

 春草ら乗客一同はシアトルに入港すると「思わず万歳を口にした」のだった。

 ニューヨークでも彼らの日本画が売れ、ボストン、ワシントンと各地を廻り、余った2000円を資金難の日本美術院に送金するほどだった。1年後、2人は大西洋航路でロンドンへ。夏目漱石がかつて住んだ下宿に滞在し、ロンドン、パリで展覧会を開いた。大観の一人娘の訃報に2人はドイツ客船に乗りこんだが、ドイツはロシアと親交を結んでいたので「言語に絶する冷遇を受けた」。「吾々日本人に対して云ふべからざる憎悪を感じていたからであらう。二人は虐待に近い冷遇を長崎まで耐え忍んだ」と大観は振り返っている。

 

「黒き猫」の作者は、大観とともに戦時下で貴重であるが危険な海外体験をしていたのだった。帰国後、五浦時代を経て、春草、大観は大作を発表していくが、春草は目を患い、正面の人物の半身が欠けて見える症状が出て来たと、梢風は書いている。死の前年に5日間で描き上げたのが、「黒き猫」。柏の幹の上で、ふわふわとした毛並を感じさせる黒猫。たとえ作者が猫嫌いだろうと、取るに足らないことのように思えてくる。

 

 春草が大観とともにカルカッタタゴールに贈ったインドの歴史画など15、6点は、1923年、当地在住の千田氏がタゴール家から譲り受け、20年ぶりに日本に里帰りできるはずだった。ところが、博物館に保管される寸前で関東大震災が発生。搬送が「僅か一二日遅れた為、十二年の震災に全部消滅してしまった」(大観自叙伝)と書かれている。

 長生きした大観とは違い36歳で没した春草にとっては、インド時代の作品は、より貴重なものに思われる。歴史の大波は残酷である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武芸の極意を伝授した猫

 

 猫にも「名人伝」があるとすると、この猫が第一候補なのだろうか。

 

 

 こんな話を最近知った。知られた話らしい。

 

 江戸時代、勝軒という剣術者の家に、大きな鼠が出て昼間から暴れた。鼠を部屋に閉じ込め、手飼いの猫を入れて退治することにした。鼠は予想外に強く、飼い猫は顔を齧られて逃げかえってきた。

 では、と近所の強者の猫数匹を借り集めた。鼠の部屋に入れると、鼠は部屋の隅に位置取り、猫が近づくと飛びかかる。その気迫が凄いので、他の猫たちは尻込みして挑まない。

 


 怒った剣術家は、自ら木刀で鼠を打とうとする。鼠は手元からすり抜け、宙を飛び、電光のような素早さ。戸障子唐紙が叩き破れただけだった。

 

 それではと、さらに無類と評判の猫を借りてこさせた。見れば、外見は利口そうでもなく、動きもきびきびとした様子はない。試しに、鼠を閉じ込めた部屋に入れると、鼠はすくんで動けず、猫は何ごともなく鼠をくわえて出て来た。

 

 江戸時代中期の戯作者で、下総関宿藩士佚斎樗山(いっさいちょざん、1659-1741)の「猫の妙術」(「田舎荘子」所収)は、剣術の秘伝書として今も武芸に関心のある人たちに読まれているのだという。

 

 


 この古猫に、若い猫たち、そして、勝軒も極意を伝授してもらおうと、話を聞くのだった。

 7尺の屏風を飛び越える黒猫には、技を磨くだけはダメだといい、気迫充溢した虎毛の大猫にも、それだけではダメ。相手の心を読んで一体となろうとする灰毛の猫にも不足と伝える。

「蓄へず倚らず、敵もなく我もなく物来るに随って応じて迹なきのみ」。気構えを整えたりせずに無心のまま、敵もなく我もない境地で、物事が起るのに自然に対応して、その痕跡も残さない、それが極意らしい。

 

 この話は、大正12年の「剣道の真諦」(堀正平)などに引用、紹介され広まり、今に至っている。

 

 佚斎樗山が仕えた関宿藩は、利根川と江戸川の分岐点にあり、利根川水運の要衝にあたる。今は野田市となり、同市では「猫の妙術杯剣道大会」が開催されている。

 野田市は、ますむらひろしの描く猫のヒデヨシなど「アタゴオルの猫」たちの舞台でもあるが、江戸時代はここで剣客猫たちが描かれていたのだった。

 

 

 

 

正月の翁に齢を聞くな

 門松や冥途の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし という正月に、老人に齢を聞く人がいる。困ったものだ。

 

 80歳を超える長生きをした江戸時代の俳諧師横井也有(1702-1783)も新年に齢を聞かれたらしい。

 俳文集「鶉衣」に、いきさつを書いた「歳旦の口號」を残している。

 

 舞津に久しく、かくろへて棲む翁あり、年明けていくつぞと人の問ひしかば、

 もとより絳縣の老人のむつかしき、なそなそは知るべくもあらず、かた腹いたき歌よみて答ける。

 

 舞津で長く隠居する翁とは、也有自身らしい。舞津ならぬ前津で隠居していた。

 

 ≪元旦、年齢を訊ねる人がいたので、絳縣(こうけん)の老人のようになぞなぞめいた難しい答え方は知らないので、おかしな歌を読んで答えた。≫

 

「絳縣の老人」を調べると、「春秋左氏伝」の襄公三十年(紀元前6世紀)に出てくる中国(現山西省)絳縣に住む大昔の翁だった。

 子もなく独り暮らしていた老人は、歳を聞かれ、「正月の甲子の朔に生まれ、445回甲子が巡った」と答えたという。

 それを師曠という男が計算し、甲子(きのえね)は60日に一度来るので、60日×445=2万6700日。365日で割ると、73.15年。73歳だと解いた。

 


 また、老人は「亥」と名乗っていたので、史趙、士文伯はこれを解き、「亥」の古い字体は首が二、身は六が三つあるので、2万6660。2万6660日≒73歳と割り出したという。

 

 也有はこんなめんどくさい謎解きでなく歌で答えたのだった。その歌とはー。

 

 足らて(で)死ぬといひし四十もふたり前、

 つれつれ草に面目もなし。

 

 吉田兼好が書いた「徒然草」の7段をもとに歌にしたのだった。

 

「世は定めなきこそいみじけれ」「命長ければ辱(はぢ)多し。長くとも、四十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。/そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、人に出で交らはん事を思ひ、夕べの陽に子孫を愛して、さかゆく末を見んまでの命をあらまし、ひたすら世を貪る心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき」

 

 人は40歳前に没するのがちょどよい、その後の人生は恥を忘れ、世を楽しもうと貪欲な姿を見せてあさましいものだ。(あくまで兼好法師個人の感想です)。

 

 也有は、「四十もふたり前」、40×2=80歳まで生きてしまって、兼好法師に面目が立たない、と歌ったのだった。

 

 気になったので、兼好法師の享年を調べると、正確には判明していないが、1283年頃に生まれ、1352年以降まで生きていた証拠があるという。なにが40歳前、70歳ではないか。(金言、箴言といえど、言葉を信じ込まない方がいいようだ。)

 

 今春からは、「也有には遠く、兼好に近し」と答えるか、或は、宝塚スターのように「年齢非公開」で押し通そうか。

 

 

 

 

 

 

百亀の小噺に出てくる銀の猫

 偶然聞いた落語で興味を持った小松屋百亀(1720-1794)について、さらに調べて見た。

「擬宝珠」の原形の小噺が収録された「聞上手」の直後、続編の「聞童子」(安永4=1775)が刊行されていたことを知り、こちらも目を通した。

 落語「一目上がり」の原形の「掛物」があり、落語「どくどく」に似た「仕掛」があった。落語に大きな影響を与えた戯作者であることがよく分かった。

「掛物」は、ある所で、掛物の書き付けを「賛」と言われ、次の所で「詩」と言われ、またその次で「語」と言われ、ならば次の所で「六か」と聞くと「質でござる」と言われる。三、四、五と数が上がって行く「一目上がり」さながらである。

 

「仕掛」は、九尺店(狭い裏長屋)に越してきた男が、道具がなにもないのは見てくれが悪いと、絵心に任せて箪笥、押入れ、持仏堂、ほうきと芝居の書き割りのように書いたところ、泥棒がやってくる。必死になっても箪笥があかない、押入れも開かない。目を覚ました男が泥棒に、芝居を見た事ないのかー。

 落語「どくどく」の「槍で刺したつもり」「血がどくどく流れたつもり」のその後のやり取りはないが、シチュエーションは全く同じである。

 

「聞童子」に「猫」という小噺があった。

「馴染に銀の猫をねだられて、飾屋へ相談したれば、大分高いものゆへ、やき付に拵らへさせて、持って行き遣りければ、女郎悦び手に取り、鼻の先を畳でこすって見、ヲこれは無垢(純銀)ではない。これ見なんし赤くなりんす。無垢にしてくんなんしといふたに憎らしいといへば、『サレバ誂らへて見たが、犬にはむくがあれど、猫にむくといふはない』」

 

 銀製の猫が、1775年頃、花街では人気の商品だったと伺わせる話だった。浮世絵では、猫は花魁によって赤い首輪をつけられて飼われていたことが知れるが、この小噺では、銀製の猫の人形をほしがる女郎、高いのでメッキでごまかす常連客の、やりとりが描かれている。無垢(純銀)かどうか、畳にこすって確かめる女のしたたかさ、責められて「むく犬はいるが、むく猫はいない」とごまかそうとする男。

 

 

 西行の銀猫が登場する黄表紙「人間万事西行猫」の刊行が1790年。その15年前に銀の猫が花街では取りざたされていたことになる。

 西行の銀猫=上図=を描いた長谷川雪旦(1778-1843)もこの時生まれていない。

 江戸時代の銀猫探しは、まだまだ終わっていないことに気づかされた。

 

 

落語「擬宝珠」と秘薬「文武丸」

 正月、NHKで上野の鈴本演芸場から中継があり、柳家喬太郎が「擬宝珠」の演目を早口で演じていた。あまりにおかしな話なので聴き入ってしまった。

 

 どうおかしいかというと、息子が元気がないので、心配した親が幼馴染に頼んで、理由を聞きだしてもらった。恋? みかん? と想像させたが、実は息子は金物を舐める趣味があり、橋の欄干の銅製の擬宝珠を色々となめてこっそり楽しんできたが、どうしても浅草寺五重塔の天辺の擬宝珠(本当は宝珠)を舐めたくなり、届かぬ思いに病に臥せってしまったというのだ。

 

 喬太郎創作落語と思ったところ、明治初めの落語で、喬太郎が掘り起こしたものだという。奇想天外なので、受け継がれなかったらしい。

 



 驚いたことには、原作は江戸中期の戯作者小松屋百亀の小噺集「聞上手」(安永2年刊行)収録の「かなもの」なのだという。探して見た。

或人金物を好いて舐める病あり。さまざまの金物を舐めて楽みけるがいまだ塔の上なる玉をなめて見ず。何とぞ浅草の五重の塔の上にある擬宝珠を舐めて見たい望」を持って居た。

やうやう手筋をもとめて浅草のお別当様へ申しこみ願ひの通り五重の塔の足代をかけさせ、てっぺんのぎぼうしゅを舐めて見、多年の望み達したりと悦びける

 

 落語では、両親が話をつけて息子の夢をかなえさせるが、原作では主人公が自力で念願を果たすのだった。

「どのようなものだね」と擬宝珠の味を聞かれ、「思うた程にもござりませぬ。橋の擬宝珠に塩けのないものさ」と〆ている。

 

 落語の方は、「沢庵の味がしました。よほど塩がきいておりました」「塩は三升か、四升か、五升か」「なあに、上は六升(緑青)の味がしました」。

 

 現在の浅草寺五重塔は、昭和20年に戦災で焼失し再建されたものなので、百亀の話に出て来る塔は、焼ける前の徳川家光が慶安元年(1648)に再建したものということになる。高さは現在の45.9mより低い33m余だったらしい。

 

 春画もよくする浮世絵師の百亀は「元飯田町中坂にすめる薬店、剃髪して百亀といふ」と大田南畝が「奴凧」で記していた。「文武丸といへる丸薬は、小松屋の秘方なり、老人など大便秘結するによろし、委くは予が板下にかける攻能書にみゆ」。

 小噺集の「聞上手」とともに、便秘薬「文武丸」もよく売れたという。喬太郎のおかけで、正月早々、江戸時代の面白い人物を見つけることが出来た。

 

 

ねずみと「ぬ」の字

 平熱なのだが、訳あってクリスマス明けまで禁足状態になってしまったので、猫とまた自室で何かを考えて過ごすことにした。

 

 猫も関心を持つだろうから、落語「金閣寺」に出て来るネズミの絵について考えてみた。

 

 ある寺の小僧が、門前の花屋で≪実は私はただの小僧ではない、本当は和尚さんの子供だ≫と余計なおしゃべりしたのを、和尚に知られ裏庭の木に縛られてしまった、という噺。小僧は、ネズミの絵を描くと、ネズミが現れ、縄を齧って切ってくれるという話を思い出して、ネズミの絵を描こうとするが、描けない。代わりにネズミに似ている、ひらがなの「ぬ」を書くと、ネズミが出て来て縄を食いちぎったーというものだ。(関山和夫「落語風俗帳」、91年、白水社

 

 まず、ネズミの絵を描くと、ネズミが出て来る話はなになのか。すぐ分かった。歌舞伎に「祇園祭礼信仰記~金閣寺」という演目があり、足利将軍に叛旗を翻した松永大膳(久秀がモデル)が、雪舟の孫の雪姫に、天井に雪舟秘伝の「雲竜」の絵を描くか、自分のものになるか迫り、断った雪姫を庭の桜の木に縛る下りがあった。

 雪舟が寺で修業時代に師の僧に木に縛られたとき、流れる涙でネズミの絵を描くと、絵がネズミに変わって縄を食いちぎったということを、雪姫は思い出す。桜の花びらを足で掻き集め、つま先でネズミを描くと、ネズミが出て来て縄を食いちぎった。

 

 落語の小僧は、この歌舞伎を知っていたことになる。

「ぬ」の字は、たしかにネズミの姿に似ている。当時は、江戸の変体仮名が使われていたとすると、どんなものか、探して見た。

 こちらのほうが、「ぬ」よりももっとネズミの姿に近い。この落語の面目は、ネズミが「ぬ」に似ているという発見なのだろうが、当時の人はみなそう思って居たのかもしれない。

 



 江戸時代絵師の鍬形蕙斎「鳥獣略画式」の、ネズミの略式カットより、「ぬ」のほうが略式であるかもしれない。

 

 落語の方のオチは、「さすがダイコクに生ませた子じゃ」。

 和尚の奥さん=ダイコクさんと、ネズミを使いにする七福神の大黒天を懸け、しかも小僧が自分の子であることも認めている。

 

 脇でごろごろしている猫のために、ネズミの絵を描いて、ネズミを出してあげたいが、私は絵師でもなく、ダイコクの子でもないので、ちょっと無理のようだ。

 

 

人間万事西行の銀猫

 古書肆から取り寄せた「川柳狂詩集」(昭和3年、有朋堂書店)を流し読みして、ある川柳を見つけた。文政年間(1818-1830)の作品の部にあった、一之という作者のものだ。

 

 煙管(きせる)がなんぼ出来ベイナア此猫で

 西行の銀の猫

 

 源頼朝から西行が貰った銀猫を溶かして、銀作りの煙管(キセル)にしたらどれだけできるだろうな、という川柳だった。「西行の銀の猫」と添書されている。

 

 江戸時代後期、キセルでも「延べ煙管」といってキセル全体が金属製のものが流行した。その中でも銀製キセルは高値の花だったようだ。当時の煙草好きは、銀製キセルがほしいが、銀猫を貰ったら、何本つくれるかなあ、と空想したといったところだろう。

 私は、一之が「吾妻鏡」を読んでいたとも思えず、どうして西行の逸話を知ったのか不思議に思っていた。

 

 今回、柄井川柳「柳多留」で、文政より前の明和~天明(1764-1789)の時期の作品で、次の川柳を見つけた。

 

 千本もきせるの出来る猫をくれ

 

 この猫は西行が貰った銀猫であることが推測できた。一之の川柳は、二番煎じだったことも判明した。

 さらに探すと、二世川柳が引き継いだ文化年間以降(1804-)の「柳多留」に、

 

  其猫をくれさつせへと村子供

 

があった。銀猫をねだる童を川柳にしている。川柳は、受け手も理解していないと成立しない。江戸時代の大衆は、西行猫をよく知っていたことになる。

  

 西行猫を扱った洒落本でもあったのか。探してみると、寛政2年(1790)刊行の黄表紙「人間万事西行猫」が見つかった。樹下石上(山形藩士・梶原成節)作、北尾政美絵の3巻。

 

 西行が子供に上げた銀猫=上図=は、心配した子供の親が番所に届けてしまった。それを知った源頼朝は、その銀猫に金猫も加え、西行に届けさせた=下図=。西行も今度ばかりは素直に受け取ったが、あろうことか西行の宿の飯炊き男が2匹の猫を奪って、身をくらましてしまった。

 

 

 その直後、3人の盗賊が金銀猫を狙ってやってきた。西行から事情を聴いた盗賊は、思案の結果、西行に300匁の銀貨を手渡して、猫の行方を探させることにした。西行は、猫の居所を探し、品川、愛宕下(猫と鼠の出し物を見物)、浅草、吉原と遊女が猫を飼っている廓を探すが、お金を飲み食いで使い果たしてしまい、結局放浪の旅に出るーといった内容だった。(「人間万事塞翁が馬」をパロッた滑稽話)

 

 また、蜀山人の文化7年(1810)刊「あやめ草」に、次の狂歌があった。

 

此ねこは何匁ほとあろうとはかけてもいはぬ円位上人

 

 円位上人は、西行法名。「人間万事西行猫」をもとにした狂歌らしい。

 

 ただし、柄井川柳の「千本もきせるの出来る猫をくれ」は「人間万事西行猫」より前に作られている。すべてが「人間万事西行猫」がきっかけでなく、この黄表紙の前にも、西行猫をテーマにしたものがあったのかもしれない。

 

 二世川柳の「柳多留」に、

 白かねハ猫こかねをハ鶴へつけ

  (白銀は猫 黄金をば鶴へつけ)

があった。これも猫は西行の銀猫、鶴は頼朝が千羽の鶴の脚に金色の短冊を付けて空に放ったという逸話をもとにしたもののようだ。

 頼朝が鎌倉で行ったとされる鶴の放生会をもとに、江戸時代、富士山麓で金の短冊を付けた千羽の鶴を放ったという頼朝の逸話が創作され、この川柳の下地になっているらしい。(その作品は分からない)

 西行ばかりでなく、源頼朝に対しても大衆の関心が高かったことが伺われる。

 

 

 ちなみに、北尾政美(鍬形蕙斎)が想像して描いた銀猫、金猫=上図=は、警戒して耳を立て、いまにも前に飛びかかる姿にみえる。