通夜で猫を近づけるな!の訳は

 前にかいたが喜田貞吉という、精力的な歴史学者が、論文を書きまくり、発表する場所が足りなくなったので、自ら新規に雑誌を立ち上げた。
 
 大正時代のその「民族と歴史」を10冊ほど手に入れたので、ぱらぱらめくってながめている。
 
イメージ 1 こんな雑誌
 
 
 読者の報告記や、読者と主筆喜田のやりとりが掲載されていて、なかなか面白い。
 大正11年3月号には、読者の「朝鮮晋州・稲垣光晴」さんから、「朝鮮風俗断片二十則」が寄稿されていて、朝鮮の猫のことがでてきた。
 
 20項目のうち、4番目の「四、猫と死人」。
 韓国で、死人が出たときは、決して猫を近づけないという風俗があるというのだ。
 猫が、「死人の寝てゐる屋根、寝具等を飛び越えたり、オンドルの下に入ったりすると、死人が立つといふ」迷信があるのだという。
 
 そのため、家で死人が出ると、オンドルの煙出しに栓をしたり猫をしばったりします」。
 
 猫が悪さをするというより、猫には不思議な力が宿っている、と見られていたのだろう。猫にとってはいい迷惑。意外なことに、稲垣さんは、死人に猫を近づけないのは、「私の故郷辺(相模)と全く同じであります」とかいている。
 
 神奈川県でもまた、大正年間まで通夜、葬式で猫を近づけない風習があったらしい。
 
 しかし、死人が立つ、というのは、どういうことなのか。中国ではあるが、東洋文庫北京風俗図譜」の「葬礼」の章に、次のようなことがかかれていた。
 
  死体を安置するさい、変っているのは、(死体に)絆脚糸(パンチャオス)という大麻で脚をゆるく縛る風習があることで、これは死体が起きあがって家族のものを追いまわしたり、悪霊が死体に乗り移って恐ろしい危害を加えないためである」。
 
 中国人は、そもそも死体は起き上がるものと、信じていた、ということだ。
 「この綱は来世で生きかえるまで持っていき、幼児の危なげな歩きかたは、この綱がまつわっているためだ」とも。
 
 まとめてみると、中国式の死体が立たない方法= 死体の脚を糸で縛る 

         韓国式の死体が立たない方法= 猫を死体に近づけない。縛るのは猫のほう

ということになる。
 いやあ、少し前のことなのに、なんて奇妙な風習が行われていたか、と不思議におもう。
 
 さて、自分の最期に引きつけてかんがえると、どうか。猫には、私の死体に思いっきり飛びついてもらいたい。私は、キョンシーのように、立ち上がって、大いに、皆を驚かせてみたい。そうおもうのだ。