謎の猛禽類ブックマーカー

 英語の先生Sさんが突然姿を消してしまった。

 ケータイを持たない先生だったのと、メールのあて先を頻繁に変えるために、連絡も途絶えてしまった。
 余程の事情があったのだろうと、心配していたところ、留守中に我が家を訪ねてきて、手紙を置いて帰ってしまったという。
 
 手紙を見れば事情が判明すると思ったら、鷹狩り一日体験のことが書かれていただけだった。
 素晴らしい体験だった、鷹狩りの知識を教えてくれて感謝する、とだけ記してあった。
 そして、10種の猛禽類の絵が描かれた革製のしおりが封筒に入っていた。
 
 なぞが深まっただけだった。

イメージ 1 

 しおりから、実家のあるイギリスに帰ったのか、カナダの家に帰っていたのか,推測できないか。しおりには、MADE IN ✖✖やらの国名や、鷹狩りスクールの名称もない。
 
上から、猛禽類をみてみると、
1 GOLDEN EAGLE   イヌワシ
2 SPARROW HAWK   ハイタカ
3 GOSHAWK        オオタカ
4 RED KITE       アカトビ
5 BUZZARD        ノスリ
6 PEREGRINE FALCON  ハヤブサ、或いはバーバリーハヤブサ
7 HEN HARRIER    ハイイロチュウヒ
8 KESTREL        チョウゲンボウ
9 MERLIN         コチョウゲンボウ
10 OSPREY         ミサゴ
 
 ユーラシアと北米大陸に生息するものは、1,3,,,,,,10。
 
 2のハイタカは、ユーラシアのみだが、変種のAMERICAN SPARROW HAWKが北米にも生息している。邦名は、アメリハイタカでなくて、アメリチョウゲンボウという。
 
 だが、4のアカトビは、ユーラシアと北アフリカに生息しているだけ。これが決定的な証拠になる。Sさんは、英国に帰っていたのだ。英国には一日体験の立派な鷹狩り教室がいくつかある。
 
 とりあえず、元気でよかった。