幻の五輪向けホテルのロビーを飾った朝井画伯

イメージ 1

 長崎・丸山町を歩く。レトロな交番があって、歴史ある建物かと思ってしまう。実は、1970年代から、80年代のバブル期にかけて建った新しいレトロ建築とのよし。
 歴史の遠近法は難しい。
 翻って、今の目で、昭和11年の朝井閑右衛門画伯と、新制作派の三田康画伯たちを判断するのは難しい。
 でも、もう少し、続けてみよう。この年の7月末、ベルリンでIOC総会が開かれ、昭和15年の五輪開催地が決まった。TOKYOに。日本は沸き立ち、外国観光客を迎えるホテルの建設が始まった。東京ばかりでない。秋田の十和田ホテルが五輪客を当て込んで建設された。浜名湖ホテル、登別ホテルも同13年に開業した。
 東京では、新橋第一ホテル。翌12年、着工され、13年にオープンした。欧風ホテルだけに、正面ロビーを飾る絵が必要とされた。何を隠そう、その絵に選ばれたのが、朝井画伯の大作「丘の上」だった。
 五輪と、ホテル建設。新制作派の画家たちが、この「丘の上」に似た、ミュージシャンの演奏やダンスを描いた理由は、これだったのではないか。
 五輪に向けて作られるホテルが、ロビーに飾る大作の画を探していた。朝井や、新制作派の若き画家たちが、それに応じて大作を描いたー。
 そして第一ホテルに、選ばれたのが、「文展鑑査会」に出品された朝井の「丘の上」だった。
 五輪ポスターは、東京美術学校図案科教授の和田三造画伯。上野の森の画学生たちも意欲を燃やしていたと想像される。

 しかし、昭和13年6月、近衛文麿内閣が東京五輪中止を内定した。戦争遂行以外の資材を制限する方針を打ち出したのだ。大きな戦争に向かって、日本には五輪を開催する余裕などなかったのだ。
 五輪から日中戦争へ、画家たちの仕事の場も移ってゆく。朝井や新制作派の画家たちも流されていったのだ。昭和13年4月に「大日本陸軍従軍画家協会」が結成され、新制作派の指導的立場の重鎮・藤島武二(前年度文化勲章受章)、新制作派の中心メンバー小磯良平が、川端龍子鹿子木孟郎石井柏亭、中村研一らとともに役員になる。

(続く)