長崎でまた閑右衛門画伯のこと

 長崎で仕事を手伝った。丸山町界隈の坂道を歩きながら、朝井閑右衛門のことをまた考えた。


イメージ 1
 文部省が日本美術界の統括を企て、帝展を改組した昭和10年。朝井は、帝展に反旗を翻した「第2部会」の若い画家たちのグループに寄り添っていた。10年か11年初めに開かれた彼らの一夜の決起の集まりに参加し、朝井は、その様子を、「現代美術」同年5月号に「饗宴記録」と題して発表した。
喜夛孝臣「韜晦する閑右衛門」、朝井閑右衛門展カタログ)
 
 集まりには、新制作派を結成した小磯良平猪熊弦一郎らが参加していたから、仲間の三田康、脇田和鈴木誠もいたと想像できる。この頃、光風会の朝井に、新制作派から入会の誘いもあったという。
 ところがー。
 半年後の昭和11年10月、朝井は文部省主催の「文展」を選んで「丘の上」を出品する。文部大臣賞を受賞し、朝井は一躍脚光を浴びた。
 どうしても、気になる点がある。500号もの大キャンバスをどう調達したのか。原田光さんが「戦中の朝井閑右衛門、そこにしぼって」(朝井展カタログ)で推測している。当時、規格外の大キャンバスは、フランスのロベール・ブランシェ社から取り寄せるほかなかったが、同年、明治神宮外苑の「聖徳記念絵画館」でその大キャンバスを使った明治天皇の記録画が完成している。朝井は、ツテで、そのキャンバスを回してもらったのではないか、と。

 文部省が関与したのかもしれない。文部省と対立した三田ら、新制作派とは違った反対の生き方を、この時点で朝井が選んだ、と僕には思える。
 盧溝橋事件が起き、日中戦争が本格化する時代の中で、翌昭和12年の官展「新文展」に、朝井は戦争画を出品する。今は残っていないが「通州の救援」。マリア像のような日本人母子と、日本軍の救援を待つ負傷した日本人を描いている。
「丘の上」のような大キャンバスだったという。
 
 時代は朝井が選んだ方に動いてゆく。
 昭和13年朝井は、中支那派遣軍から委嘱を受け、第二次上海事変戦争画を描きに行く。同行した画家の中に、新制作派の小磯、脇田もいた。朝井は「於巴洋丸」と題して船内をスケッチ。小磯ら画家の名前も記した。
 4年後の、昭和17年、三田も海軍報道班員として南洋に派遣される。

(続く)