雷の使いクワガタムシのこと

 待望の立石鉄臣さんの展覧会がはじまった。仕事でバタバタしてまだいっていない。
 
イメージ 2
 
 夜、集英社の原色昆虫百科図鑑を開いて、立石さんの描いた細密画の昆虫たちをながめる。この昆虫図鑑は、画家のサインがちゃんとはいっている。立石さんは「tetu」のサインで、小林勇さんら他の4人の画家と区別ができる。
イメージ 1
 
 ドイツの作家カロッサの「美しき惑いの年」(手塚富雄訳)を読みかえしていたら、バイエルンのドナウ河畔の森、ロイゼルの、クワガタムシがでてきた。
 若き日の作家=主人公は、6月にローゼルの森の松明行列を見にでかける。森で暮らす従兄は、柏の若葉をつめた袋の中に、クワガタムシをとってきた。宿にむかう道々、主人公は、袖に止まらせてよろこぶが、従兄は口ごもりながら「これは、森のもんでわしの持ちものじゃねえんで」と、見せただけで、あげるわけでないと狼狽しながら話す。
 
 理由はこうだったー。
「鍬形虫を家にもちこむのは危険である。おそかれ早かれきっと落雷があるから、というのであった。アマーリェもこの有角動物の放免説に賛同した」
 
 どういうことか。クワガタムシの呼び名は、DONNERPUPPE。
 DONNER は雷神トール。PUPPEは、手先。
 
 鍬形虫は雷神トールの使いとみられていたのだ。だからむやみに鍬形虫を、家に持ち込むと、トールの怒りをかう、とゲルマン人の間で古来から言い伝えられたのだという。
 
 従兄も、半ば信じていたのだろう。
 昆虫や動物へ託された各民族の伝承のちがいは面白い。というのも、前に書いたように、古来日本では雷神の使いは、ジガバチ=スガルだった。では、雷神の使いの、鍬形虫とスガルに共通点はないのかというと、それがあるのだから、なお面白い。
 
(続く)