鴨の減少を憂う人にであった

 近所の池は、鳥でにぎやかだ。

 おじさんがやってきて、手慣れた風に餌を放りあげると、あつまってくる。★以外、餌をもらいにくる。
 
イメージ 1
 
数十分だけで、以下確認した。
 
オオバン   1            
バン      1             
★サギ(コサギチュウサギか不明) 2
ゴイサギ  1
カワセミ   1              
セキレイ  1
ムクドリ  2
ヒヨドリ   多数
ハト     多数
 
イメージ 2
 
 やっと、望遠カメラをもったバードウォッチャーと話ができた。
「確かに鴨がへっていますね。今年だけでなくて、ここ数年。ここらだけでなく、あの不忍池も鴨が少ないです」
「きょうは、オオバンがきています。初めてみますね」
 
イメージ 4
 
「バンは常連。あの鴨(ホシハジロだと思う)は、昨年から一羽のこって、夏もすごしました」
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 さすがにくわしい。
カワセミは2羽います。親鳥が子どもを連れてきて、縄張りを与えているのです」
 
イメージ 3
 
 僕は、鴨に関心があるので、
オナガガモもいないし、どうして鴨がへっているんでしょう」と質問すると、
「理由はわかりませんね。へっていることしかわかりません」
 
 とにかく、鴨がへっていることを、心配している人がほかにもいることをしって力強くおもった。