六義園でキンクロ発見

 駒込六義園の池で、やっと、キンクロハジロを見つけた。
 
イメージ 1  
 
 頭を背中にうずめて、冷たい風を避けていた。
 
イメージ 2
 
 数えれば、3羽きり。ホシハジロの群れに、居候しているかのようだ。
 
イメージ 3  イメージ 5
 
 ホシハジロのオスメス(とおもわれる)
 
イメージ 4
 
 キンクロハジロの冠毛が風で乱れ、寂しげにみえた。
 
 鴨に関心を持った時、自分の身の回りの淡水の池沼には、オナガガモが圧倒的多数派だった。こんなものなのか、と思っていたら、ここ3年くらい、海に多かったキンクロハジロが沼や池に、のしてきて、主流派にかわった。今シーズンは、キンクロハジロが激減して、オナガガモも見かけず、少数派を見かかける程度。空位時代の始まりなのか。
 
 首都圏の沼の、それも身の回りだけの取るに足らないことなのか。理由は、こちらの気象や環境の変化にあるのか、飛来してきた北のくにで何かがあるとこうなるのか。
 
  バードウォッチングしている人たちには、判っていることなのだろうか。望遠レンズで構えている人たちの熱中度に圧倒されて、話しかける機会を逸している。