ラーメン店で鷹の椅子にすわる

 友達がオフィスを渋谷から、神楽坂にうつしたので、一緒にのんだ後、新オフィスをのぞいた。
  工場のように広々とした空間。仕切りがなく、床には荷がおかれたまま。壁には絵が、ペンキでかかれている途中だった。知り合いのイラストレーターがやってきて、勝手にかいてくれるのだという。ネクタイとは無縁にちかい、若い人たちの仕事場は、開放感があった。
  友達と高田馬場にでて、ラーメン店をみつけて、椅子にすわろうとしたら、鷹にでくわした。椅子の模様が、白い鷹のイラストだったのだ。見事なものだった。
 
イメージ 1
 
麺屋武蔵」の「鷹虎」という店名で、なるほど、隣の椅子には、虎のイラストが。竜虎の争いに、鷹が参戦したような、真剣で怖い顔の鷹であった。
 大きさがわからないのでなんともいえないが、鷲のようである。武蔵と小次郎にかわって、虎と鷲がたたかっているのだろうか。
 立派で、迫力のある鷹を尻にしいて、ラーメンをたべるとはおもわなかった。(太麺でうまっ。客はみな、つけ麺をたべておったが)
  鷹というと、雄雄しいイメージをもっていて、鷹は「雌」が活躍しているのをわすれがちだ。体も雌が、雄より遥かに大きく、鷹狩りは、迫力ある「雌」の方でおこなわれる。雄は、ハイタカの雄のコノリが、もちいられる程度だ。 
 わたしには、この怖い顔の鷹も、雌にみえたが、客はみな、麺に注意がいってしまって、鷹には全く興味をしめしていなかった。