モンゴル的ガルーダ発見

イメージ 1
 ウランバートルで外国からの観光客にくばっていた市内地図がでてきた。部屋を整理しているのだ。折畳地図の上部に、気になるマークがあった。
 
イメージ 2
 牛のような角があって、蛇を両足でにぎりしめている「怪鳥」。日本の天狗ににている。 
 おそらく、「ガルーダ」=「カルラ」というインド神話の鳥王だとおもう。根拠は、蛇をにぎりしめている点。神話では、ガルーダは、ヘビとたたかいつづけているからだ。
 ガルーダは、インドネシアの国章になっている。
 
イメージ 3
 
インドネシアの国章は、ヘビのかわりに、「多様性の中の統一」というスローガンがかかれた帯をつかんでいる。1949年に決まったもので、モデルの鳥はジャワクマタカをイメージしたらしい。鷹の匂いのするガルーダになってしまった。
 
 モンゴルのこのガルーダは、密教の法具をもち、ヤマーンタカのような角をもつ地域色をかもしだしている。
 
(続く)