シロハヤブサに、やっとたどり着いた

 昼休みに国際展示場のブックフェアを覗いて、バーゲンコーナーで重い「Audubon birds」(JG press)を買って帰った。
 
 J・J Audubonの、全米の鳥のイラスト選集で、見事な鷹の画が載っている。特に美しいのが、シロハヤブサ gyrfalcon だ。
 
イメージ 1
 
 鷹狩りで、15世紀、英国でKINGのみが扱えたハヤブサだ。シロハヤブサは、欧州だけで、最高のタカの評価だったのか。
 
 マルコポーロ「東方見聞録」に出てくる、フビライ汗が用いた最上の鷹はなにだったのか。正確な情報が欲しくて、英語版「the travels of marco polo」を取り寄せた。青木富太郎訳はただ、「大鷹」と訳してあるだけで、そんなタカは存在しないので、知りたかったのだ。
 
  chapter XVI の問題の箇所。
 大ハーンは、「一万以上の鷹匠をつれて行くが、ペルグリン鷹、セーカー鷹のほか、五百羽以上の大鷹、 
河畔での狩猟用にゴスホーク鷹ももって行く」(青木訳)
 
  英訳では、こうだった。
 《attended by full ten thousand falconers, who carry with them a vast number of gerfalcons , peregrine falcons , and sakers , as well as many vultures, in order to pursue the game along the banks of river.
 
 一万人の鷹匠をつれて行くが、莫大な数のシロハヤブサハヤブサ、セーカーハヤブサ河畔での狩猟用にハゲワシ類をもって行く。
 
  青木訳は、一番目に揚げられたシロハヤブサを無視している。フビライ汗が、鶴を獲らせた鷹は、シロハヤブサだったのだ。
 
 15世紀の英王朝より前の、13世紀の「元朝」でも、最も高貴な鷹は、シロハヤブサだったことになる。