高野長英が持っていた英国カップ

 埼玉・大宮の在に土呂という処があって、旧家に高野長英から贈られたと伝わる英国の陶器が残っている。
 
「見沼の風-大和田だより」というHPで知った。
 
 
 長英は幕末の日本の、何処でこの英国製カップを手に入れたのだろう、興味が涌いた。
 まず何処で作られたのか。ヒントになりそうなのが、下のマークだ。
 
イメージ 1
 
 19世紀の陶磁器の製造者を調べれば判るはず、とGuide to pottery & porcelain marks
というHPを見つけだして探した。似たマークがある、ある。
 
 
 
 powell & bishop 社の1865-1878 の印。
 
 r.h.plant& co. 社の19世紀末の印。
 
 の2つが似ている。
 
 
 高野長英は、1804-1850 の人生だったから、両社の少し前の時代のマークだったと推測される。
 いい機会なので、英会話のスチュワート先生に、聞いてみた。綱のマークは、three loop 
knot といって、英国中央のカウンティ、「staffordshire」のシンボルマークだった。
 
イメージ 2 中央の綱のマーク
 
 スタフォードシャーには、陶器の町、Stoke-on-Trent があって、陶器はそこのものだと考えて、まず間違えないという。
 
イメージ 3
 
 蘭学を学んだという関連で、オランダあたりの陶器なら判るが、英国の陶器が幕末に流通していて、長英が手に入れたことになる。
 
 
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
 大分県の日田が大雨でやられた。日田の御鹿田(おんた)焼きの窯は大丈夫か。日田といえば、広瀬淡窓を尋ねて、高野長英も行ったのだなあ、と思って、長英の陶器を思い出したのだ。
 
イメージ 4 
  御鹿田焼の登り窯