乱れた十二支が紛れていたのは誰の古墳か

師走に入って、せわしなくなったのに、鏡の呪文などというどうでもいいことを調べ出してしまった。

休日、ジムで汗を流しながら、考え続けている。

イメージ 1

上は、後漢時代の中国鏡。十二支の漢字が時計回りに、子(青〇)からぐるりと四辺に3文字ずつ書かれている。
赤丸は、右から申、酉、戌
新山古墳出土四神鏡の十二支は、この順が乱れ、しかも漢字が図案化されているのだという。
 
 
王杖など豪華な副葬品から、新山古墳は、4世紀後半の王者の墓と考えられている。
自分流に、新山古墳を探索してみた。
見逃せないのは、枕形石製品(石枕)が出土していることだ。
被葬者の頭を支える石製の枕。
 
4世紀後半前後のものは、珍しい。
近隣で探すと、
1 奈良の佐紀盾列(さきたたなみ)古墳群の、日葉酢媛陵古墳
2 京都府日本海側、京丹後市の神明山古墳
3 奈良・渋谷出土(伝・景行天皇陵近く)
くらいだった。
 
面白いことに、1から3まで共通点があることだ。
 1の日葉酢媛は3の景行天皇の母。
 1の日葉酢媛の父親は、2の古墳がある丹波を支配していた丹波道主王
    日本海を見晴るかす竹野川河口の丘陵に造られた2の古墳(全長190m)は、丹波道主王が被葬者であった可能性が高い。

珍しい石枕のつながりは、下のようになる。
 父・丹波道主―娘・日葉酢媛―孫・景行天皇
石枕は、丹後から日葉酢媛を通してヤマトに持ち込まれたと考えたくなる。
 
面白いことに、古事記には、夫の垂仁天皇が亡くなり、日葉酢媛が大后として仕切っていた時、
葬儀の石棺、埴輪作りの整備をしたと書かれている。
太后比婆須比売命(日葉酢媛命の古事記表記)の時、石祝作(いしきつくり)を定め、また土師部を定めたまひき」とある。
日本書紀では、日葉酢媛が先に亡くなり、その陵墓を垂仁天皇が作るにあたって、殉死の代りに埴輪を作った話に変わっている)
日葉酢媛陵に枕形石製品が出土しているのは、偶然ではないだろう。
記紀神話と考古学を安易につなげることは反則だろうが、これだけ符合していると、日葉酢媛陵に治定されている佐紀盾列古墳群の陵墓は、やはり丹後出身の日葉酢媛の墓なのだろうと推測される。

「ともかく『記』『紀』で信じられそうな記事は崇神・垂仁・景行天皇あたりの記事と、応神・仁徳より以降の記事である、というのが、戦後の古代史学界の一つの有力な考え方」(塚越義信「佐紀盾列古墳群とその被葬者たち」)らしいので、大きく外してはいないだろう。
石枕のルートを考えると、新山古墳の被葬者は、日葉酢媛に近い人物に絞られるだろう。
息子―。
イニシイリビコ
景行天皇オシロワケ)
オオナカツヒコ(記) オオナカツヒメ(紀)
④ヤマトヒメ
ワカキニイリビコ  
①③⑤が候補になる。

そして孫たち―。
景行天皇には、成務天皇大碓命小碓命ヤマトタケル)ら80人もの子供がいたと記される。
かれらのうちの一人の墓に、子孫が絶える呪句の鏡が紛れ込んでいたわけだ。