鳥に食べられた大文字草

 朝、大文字草の花が鳥に食べられた、と細が声をあげている。なるほど花弁のほとんどが、蕊だけになっていた。

 
イメージ 1
 
 食べに来たのは、ヒヨドリあたりだろう。昨日、近くの沼を散歩して居たら、しきりに、ヒヨドリが鳴いていた。明朝もまた、食べ残しを狙ってやってくるのだろうか。
 
 花が大文字の形をしているので、ダイモンジソウという。「大」という文字は、考えてみれば、不思議である。京都五山送り火、大文字の送り火は、「大」という文字を山で焼く。奈良でも大文字の送り火が行われていて、その寄付集めの大の文字の大団扇が家にある。
 
イメージ 3
 
 なんで、大なのだろう。あれは、大でなくて、五角形あるいは、☆を象っているのかもしれない。
 
イメージ 2
 
 五芒星、PENTAGRAM。
 陰陽道の安倍清明の、清明紋でもあり、魔よけの呪符としてしられる。大という文字は、五芒星を意味していたのではないか。