コービン党首の名無し猫

 英国労働党の党首コービン氏がいったいどういう人物なのかはわからない。

 ただ、彼の飼っている猫は、うちの猫と似ている。

 白地に黒が混じった平凡な猫なのだが、WEBで、コービン氏の猫を見た細も「あれ、そっくり」と声を上げた。

 きっかけは、英国のテレグラフのWEB版。「ジェレミー・コービンは猫に名をつけようとしない、ただ、『猫』と呼ぶだけだ」という妙な記事があった。


 コービン氏は、猫に名前をつけず、朝になると「ヴエノス ディアス エル ガトー」(おはよう、ねこ)と愛猫にスペイン語であいさつする。呼べば、自分のことが呼ばれていると声色でわかるので、名前はつける必要がないというのだ。

 夏目漱石の猫のような、名無しの飼猫が英国にいるのだった。

 しかし、不思議な気がする。猫も社会的な存在になるときがある。動物病院に猫の診察、治療に行ったときだ。申込書やカルテに、猫の名前欄がある。実は我が家の猫も、息子が貰って来た時の名前が気に入らなかったので、しばらくは名なしだった。

 動物病院で、必要に迫られて咄嗟に決定したのだった。元の名でいいか、迷った末に、細がときどき呼んでいた「にゃんころりん」でいいか、と、「にゃんころりん」が正式な名前になったのだ。

 漱石の時代(「猫」は、1905年発表)には、犬猫病院はなかったのだろう。日本初の犬の専門病院は昭和4年(1929年)ごろ。猫を治療する病院は、ずっと後らしい。飼猫を名無し猫で通せたのは、こんな事情もあるのだろう。

 コービン党首はそうはいかない。猫を、動物病院に連れて行く時に、態度が迫られる。

 多分、「EL GATO」が正式な名前になるのだろう。


伝えられるように、ちょっと変わった政治家のようだ。

イメージ 1

サザンのLPジャケットの猫も似ている