キンクロ飛来と、新平家物語の五輪塔と

イメージ 1

  日曜日、ついでがあって、浦和の別所沼に寄ったら、キンクロハジロがもうやってきていた。
  昨年は、キンクロが少なく、探し回った末、年を越して、駒込六義園で数羽を発見したのだった。
 数えれば、26羽。今年は、あちこちで見られそうだ。
  キンクロは、餌を貰えると勘違いしてか、いっせいに岸辺にやってきた。
 
  イメージ 2
 
  餌をもらえないと判ると、いっせいに、対岸の方へ戻ってしまった。
 
   +++++++++++++++++++++++++++++
 
 家に戻って、DVDで「新・平家物語」(原作・吉川英治)を見て過ごした。市川雷蔵扮する平清盛が、父の忠盛の墓前に手を合わせる場面でふと気になった。
 
 イメージ 3
 手前の五輪塔が忠盛の墓(という設定)。この時代に、五輪塔の墓ってあったっけ。忠盛の墓は残っていないので、どんな墓なのか判然しない。映画では五輪塔に仕立てたわけだ。
 
 永田雅一製作指揮の大映カラー総天然色映画だった1955年のこの作品は、溝口健二監督、宮川一夫撮影で臨み、美術の力の入れ方が違ったとされる。平安時代を描くというので、京都撮影所内に時代考証の研究会を設立し、衣装考証(上野芳生)をはじめ、平安時代末の映像の再現に力を尽くしたという。
 
 五輪塔もそんななかで検討されたのだと思われる。
 書棚の「五輪塔の起源」(藪田嘉一郎編、1967年、綜芸舎)を取り出して調べてみると、文献に残る最古の五輪石塔の墓は、仁安二年(1167年)。
 
 平信範の日記「兵範記」に近衛基実の遺骨を木幡浄妙寺に納め、五輪石塔を建てた記述があった(川勝政太郎「平安時代の五輪石塔」)
 
 平忠盛は1096-1153の生涯。最古の例より忠盛の死は、14年ほど前だが、許容範囲と考えてもいいのだろう。墓でなければ、五輪塔の形は瓦模様で1122年までさかのぼれるからだ。
 
 くわえて、さすがと思うのは、映画中の五輪塔は「地輪」(最下部)が低く、笠のような火輪の勾配が緩く、上部2つの、風輪、空輪の形が独特なこと。
 
 イメージ 4
 
 これは、上図のように、平安時代の五輪の特徴をつかんでいる。京都の法勝寺軒丸瓦の五輪塔の系統のものと、川勝先生が指摘したもので、よく似ている。特に3=長寛2年(1164)旧成身院の銅鐘の内面に鋳出された五輪塔(神戸市徳照寺蔵)。
 撮影所の研究会が、相当吟味した証拠だろう。当時の映画製作スタッフの綿密さに感心する。
 
 一点違和感を感じるのは、五輪塔の向こう側の石塔。あれは宝篋印塔ではないか。宝篋印塔は半世紀以上後の13世紀に造り始められたはずだ。
   
 イメージ 5
 「わが国において宝篋印塔が成立したのは京都で、それは一二三〇年代のことであった(山川均「石造物が語る中世職能集団」山川出版社、2006)。やっぱり。同書で調べると、映画の塔は、最古級の高山寺の宝篋印塔によく似ている。最古のものを選んだのは、スタッフの配慮だったのかもしれない。