「根府川へ」-モンゴル語に翻訳された短編

 モンゴル・ニュースのWEB版に、珍しく、日本の本が紹介されていた。紹介というより、翻訳されて掲載されているではないか。
 
イメージ 1 作家・岡本敬三の短編集「根府川へ」(筑摩書房、2003年)。

 表題作「根府川へ」が翻訳されている。翻訳や掲載のいきさつは全く書かれていない。訳者は、サランツェツェグ。女性名だ。

 よほど、心に響いた短編だったのだろう。1950年生まれの岡本さんは2013年に亡くなっていた。
岡本敬三作品を読んだことがないのだが、早速注文した。

   ++++++++++++++++

 小説は最近ほとんど読まないのだが、薦められて読んだイタリアの作家アバーテ「風の丘」(15年、新潮クレスト・ブック)、又吉直樹「火花」(15年、文芸春秋)はともに当たりだった。