猫を枕と勘違いした話

錦織圭の活躍があって、全仏オープンテニスの深夜のTV中継に熱中し、細は寝不足の日々を送っていたが、猫が被害に遭った。やっと眠りについた細のそばに行き、脇でスヤスヤ眠っていたところ、寝ぼけた細が枕と間違え猫を引き寄せて、頭を載せてしまったのだ。
おとなしくしていた猫も、枕代わりにされ、頭の全重量が託される瞬間、危機を悟って、ニャオッ、と怒りの声をあげ、難を逃れたそうだ。

 イメージ 1
 
猫は頭から尾の先まで80センチ。首元から尾の付け根まで40センチ。枕向きのサイズではある。
最近は、猫の顔のマッサージ付クッションとか、猫の陶枕(とうちん)などあるようだが、間違えて生き物を枕にするのは反則だ。
 
猫をデザインした枕は、古くからあるのだとろうか。枕の動物のデザインには、唐の時代の三彩に「鴛鴦」=オシドリが描かれるものがあった。
唐三彩の陶枕は日本に輸入され、破片が多数出土し、福岡の鴻臚館跡からは、オシドリ文の陶枕が出土している。オシドリ夫婦円満の表象であろう。葬儀用の明器としてばかりか、実用に用いたとされる。

猫に似たものでは、宋代に虎をかたどった陶枕が出回る。こちらも日本に輸入されていれば面白いのだが、痕跡がないようだ。