鷹犬は米やパンを食べさせられた

イメージ 1
 
 鷹狩りで、鷹のお供をする鷹犬について、あらたな知見を得た。
 動物考古学者の松井章さんが、すごく面白い発表をしていた。
 奈良時代のこと。平城京長屋王の邸宅跡で見つかった木簡群に、犬に米飯が与えられた記述が見つかった。犬を米飯で肥やして、食用にしたという説も飛び出すなか、松井さんは、米を与えられたのは、鷹犬だと、喝破したのだ。
 
 鷹犬に肉の味を覚えさせると、鷹や、鷹の獲物に飛び掛ってしまうため米を食べさせた、というのだ。
 
 前に書いたように、鷹犬で一番重要な点は、鷹や鷹が捕らえた獲物に飛びかからないこと。日本で鷹犬が発展しなかったのは、日本の犬は、この技を覚えるのが苦手だったから、とも紹介した。米を用いる米飯飼育法は江戸時代まで、続いたようだ。幕府の記録に、御飯にみそ汁をかけて鷹犬に食べさせた記録が残っているという。
 
 13世紀に、欧州に鷹狩り技術をアラブから持ち込んだフレデリック2世の「ART OF FALCONRY」(鷹狩りの技術)をパラパラ捲ると、こんな一節があった。鷹犬飼育法について。
 
ハヤブサが食事しているとき、鷹犬にはチーズ、パン、あるいはその犬が好むものを与えるべきである
  13世紀、欧州でも、犬には肉を与えず、日本の米の代わりに、パンやチーズを用いていたことがわかる。考え方は同じだった。
 
犬には、鷹匠の手首に止まったハヤブサの脚の下で餌を与えること。実際にハヤブサが獲物を捕った時、猟犬に、ハヤブサ自体に注意を向かせず、鷹の脚の下の鶴(獲物)に向かって、ダッシュさせるためだ とも書いてあった。