瀬戸内にいた肥人

イメージ 1
 
 前回書いた中で、瀬戸内海沿岸で出土した装飾須恵器に、肥人の騎馬姿が描かれているという仮説は、自分でも少し無理があるかな、と思ったが、播磨国風土記」を思い起して、おかしくないことが分かった。
 
 熊本人が岡山や兵庫で描かれるのは普通は考えにくいが、肥人は、古代に牧を作るために、瀬戸内海沿岸に入植していたのだ。
 
 播磨国風土記の賀毛の郡 山田の里、猪飼野の条にこうある。
 東洋文庫の吉野裕氏の口語訳で。
右 猪飼とよぶのは、難波の高津の宮に天の下を治められた天皇仁徳天皇)のみ世に日向の肥人朝戸君(あさへのきみ)が天照大神のおられる舟の上に猪を持参してきて献上し、どこで飼ったらいいか、[その場所を賜わるよう]求め、申し上げて[お言葉を]待った。そこでこの場所を賜わり、猪を放し飼いにした。だから猪飼野という
 注に、肥人朝戸君については、肥後国益城郡には麻部郷があり(和名抄)、そこの人か」とある。
 
 熊本の人=鉢巻おじさんが、瀬戸内海沿岸の須恵器に描かれるのは不思議ではない、ことになろう。