山寺の郵便ポスト

 寒波がやっている。

 思いだしてしまうのが、昨年11月に登った山形・山寺、立石寺のこと。
 
 イメージ 1

 雪降る中、1000段超の石段を奥の院、五大堂まで汗かきかき登ったのだが、
 帰途、奥の院の直ぐ下、中性院の前に郵便ポストを見つけて驚いたことだ。

 イメージ 2

 寺には、たしかに僧侶、家族と住人がいる。
  ポストの表示を見ると、休日を除いて1日1度、午前11時ごろに集配にやって来ることが記されていた。

 イメージ 3

 郵便法施行規則によれば、確かに郵便差出箱は、日本各地で「満遍なく設置」され、「休日及び一月二日を除き、月曜日から金曜日までの六日間において、一日に一回以上の郵便物の配達を行うこと」と定められている。
 私たちが、ハーハー息をしながら、小一時間かけて登ってきた石段。
 毎日、郵便局員が同じように登ってきては、また下って行くのを想像すると、これはさながらアスリートだな、と感慨を覚えたのだ。
 
 高さ1㍍あまりの郵便ポストも埋もれてしまうのではないか、今度の大雪で。