石塔寺の塔は昔のままなのか

 数年前の真夏に家族3人で、湖東=琵琶湖の東岸を回った。古刹は山寺ばかりで、杖を借りて、汗をかきかき登った。石段を登って出合った、石塔寺の石塔は、異国風であった。
 
イメージ 1
 
 三重石塔の、層と層の間の石が縦に長いせいもある。垂直性が強いとでもいうか。
 
 ところが、である。最近、ふと疑いがわいた。以前書いた、京都の以文会のゲストメンバーであった画家司馬江漢が描いた石塔寺の様子がこれと異なっていたのを見つけたからだ(「西遊旅譚」)。
 
イメージ 2
 
 最下壇は、現存の1個でなく、2個の石が並んでいる。1個の幅が四尺三寸=1m30と表記してあるから、総幅2m60くらい。高さが五尺三寸=1m61。最下層は高さより幅があるので、安定感のある造りになる。
 
 絵で見ると、異国の感じは減じてくる。現存するのは、おそらく石1個分。高さ1m61で、幅は1m30なのだろう。高さが強調される筈だ。江戸時代にはあった最下層の2個の石の1つが失われたのか。
 
 それとも、司馬江漢がちゃんと写生しなかったのか。旅行者は、今の塔を見て、異国風を納得するが、今の塔は、はたして古の塔と同じものであるのかどうか。
 
 基礎的な事実を確認しないで語ると間違えそうである。
  
   ++++++++++++++++
 
 3.11までに終えなければならなかった仕事を済ませ、ホッとしながら、見えるものだけで判断しては、ホントのことにはたどり着けない、と思ってみた。