祇園祭で見かけた生きものたち

 知人たちに誘われて、京都へ祇園祭の前々日の宵々山から出かけた。
 祭のことは、皆が伝えているので、祭の期間中に出くわした「生きもの」たちをご紹介。
 
  
   顔付じゃがいも

イメージ 1

 宵々山の夕、錦市場近くの八百屋で見つけた。じゃがいもに眼、眉、口が描かれていた。
 じゃがいもには、ひとつひとつ表情があるので、レバノンには、じゃがいもにリアルな顔を描く芸術家がいる。
 ここの八百屋では、お客さんはじゃがいもを形でなく、顔で選ぶわけだ。ジャガイモの前には、京野菜万願寺とうがらしが。祭の雰囲気に酔いながら、これも面白そうに思えてきた。
 
   ブタと間違えた麒麟
 
イメージ 2

 山鉾の代表格、函谷鉾へ上った。ビルの2階から渡る。ビルの室内には、鉾を彩る16世紀のベルギー製のゴブラン織りのタペストリーなどが展示されていた。

 眼を惹いたのは、李氏朝鮮の織物。「なんだと思いますか」と質問され、「ブタですか」と返事すると、「麒麟です、麒麟」とのことだった。

 眼を大きく描き、愛嬌がある。「漫画みたいで、かわいいですね」。17世紀の作とされるが、現地でも類品は残っていないそうだ。上の写真は麒麟のアップ。

イメージ 7


 
   虎の「狛犬
 
イメージ 3
 
 宵山は、市中の混雑を避けて、鞍馬に向かったが、とんでもない、こっちの方が込み合っていた。叡山鉄道は通勤ラッシュ並み。開放された鞍馬寺から奥の院貴船まで歩いたが、汗まみれになってほうほうの体。
 鞍馬寺の本殿金堂で、狛犬の変わりに阿吽の虎が居るのに、興味を持った。
 1951年と近年の作だが、背を聳やかす虎の姿に、神田聖堂の屋根で蹲っていた鬼龍子を思い起こした。東京美術学校で木彫を学んだ黒岩淡哉の作とのこと。力強い虎。
 
   貴船の鹿と兎

イメージ 4
 
 到着した貴船で、皆で遅い昼食。貴船川の川床料理。清流のせいで天然の冷房が効いている。上着を羽織ながら、飲み始めると、動物が居る、と1人が川岸の上を指差した。角の生えた鹿が居て、木に顔をこすり付けているのか、皮を食べているのか、動きが見て取れた。好奇心があるのか、こちらの方をときどき見つめている。しばらく動かない。

 驟雨になって、お客たちは川床料理から母屋に移ってゆく。最後までがんばったが、天井の簾に水がたまってきたというので、しぶしぶ移動する。2階に上がると、雷鳴が。鹿はどうしたのだろう。ひとりが窓辺から鹿を探すが見つからなかった。

イメージ 5 イメージ 6

 ぼくは、川床料理店「右源太」の襖の壁紙が気になった。光によって、動物の模様が浮き出てくるのだ。近づくと「兎」だった。2様の兎の姿態。丁寧な仕事だな、と思う。
 
 イメージ 8

  山鉾巡行の日は、人だけしか見かけなかった。