呉女はブータンがルーツと、魅力的な説

 
  伎楽の再現に力をそそいだ野村万之丞さんは、伎楽面の呉女についても独自の見解をもっていた。
 NHKの番組取材でおとずれたブータンで、野村さんは仮面劇のベーチャムと出あう。
 
 チベット仏教のチャムよりも古いとされる民間芸能。主人公は、ポ王とモ后という。
 彼らこそ、呉公と呉女のルーツだと、ひらめいたいきさつが、マスクロード」(2002年、NHK出版)にかかれている。
 
 イメージ 1
 
 ポレモレという演目の仮面劇。
 ポ王が戦争にでかけ、モ后が留守番をすることになる。
 あろうことか、王の召使の老婆は、自分の夫をそそのかして妃に懸想させて、姦通させてしまう。
 戦争から帰った王は事実を知り、妃の鼻をきりとってしまうが、最後は、インドからきた婆羅門が、治療して妃の鼻をつけて元通りー。
 メデタシ、メデタシのストーリーという。
 
 伎楽面を調査してきた万之丞さんは、呉女の面にだけ、鼻がかけたもの、修理したものが多いことが気になっていたことから、謎が解けた、としている。
 
イメージ 2 正倉院の1面は、右目からくびにかけて欠損
 
 つまり、伎楽の呉女のルーツはこれだと。
 伎楽でも、呉女の鼻をきったり、たたいたり、つぶしたりした場面があったのではと推察した。
 
「教訓抄」によると、伎楽では崑崙が呉女に懸想しておそい、金剛と力士が崑崙を成敗する内容がある。劇の雰囲気はにている。
  ただし、「教訓抄」をみるかぎり、呉公と呉女の登場場面は別々。呉女が呉公の妃とされる表記もない。鼻をきる場面もあったというには無理がある、とおもう。
 
 正倉院の伎楽面で鼻が欠損しているのは、むしろ酔胡従面。最低5面は、鼻が欠けている。
 ベーチャムから伎楽へ、万之丞さんの後を継いで、調べる人が出てくるといい。
 
 イメージ 3 鼻の欠損した酔胡従面