呉公とムカデにこだわって伎楽をしらべる

飛鳥、奈良時代法隆寺東大寺で披露された仮面劇、
 
「伎楽」。
 
イメージ 1 呉公と酔胡従の面
 
詳しい内容はわからず、正倉院に当時の伎楽面がつたえられている。
 
うち、「呉公(ごこう)」の面には、岩群青=藍銅鉱などがぬられ、
 
青、あるいは緑の顔だった、と前にかいた。
 
青、緑顔をした「呉公」は、呉の国の王とされるが、謎めいている。
 
 
 
というのも、呉公に「虫偏」をつけると、「蜈」「蚣」で
 
蜈蚣=ムカデになることだ。
 
 
正倉院の呉公の面のうち、2面の顔料は岩群青と判明し、
 
長門の長登銅山産出のものらしい。
 
ところで、鉱山の世界で、ムカデというと、
 
坑道や鉱脈をあらわすことばで、ムカデと鉱山師とのつながりは深い。
 
 
呉公、銅=青緑、ムカデは、深くつながっているのではないか。
 
 
手はじめに、呉公のことをしりたくて、
 
仕事の合間、神保町で「正倉院伎楽面の研究」(石田茂作、1955、美術出版社)を手にいれた。
 
 
正倉院の伎楽面は164あったが、袋と面がばらばらにされていて、
 
どれがなんの面なのか、わからなくなっていた。
 
石田茂作氏と松島順正氏とで比定作業をおこなって、なんとか結果をだすまでに、
 
こぎつけた、ということがわかった。
 
 
西大寺広隆寺観世音寺の資材帳も参考にしたようだが、資材帳によると、
 
呉公の楽装束だけ、他とちがっていることがわかる。
 
袍の袖に、24条の虵舌(へびの舌)という三角状のヒラヒラ、
 
裾には、26条の虵舌のヒラヒラををつけているという。
 
石田先生は、これをもって、「堂々と着飾った貴公子」と表現するが、
 
ヒラヒラこそ、ムカデの足を形象化した装飾ではないのか、とおもえてしまう。
 
 
 
 ややこしい話だが、
 
やがては、モンゴルの仮面劇チャムにまで、つなげてみたい。
 
(続く)