ツルとシロハヤブサにこだわるわけ

イメージ 1
 
  鷹狩りについて調べてゆくと、どうしても、フレデリック2世の書いた大著「De arte 
venandi cum avibus」(鷹狩りの技術)を無視できないことが判った。
 
 ホントは忙しくて、時間がないのだが、2分冊の英語訳が出ているので、上巻から取り寄せて、読み出した。
 
 13世紀の神聖ローマ帝国皇帝で、シチリア王でもあったフレデリック2世が第6回十字軍の遠征の際、アラブ世界の鷹狩りの教本のコピーを持ち帰り、ラテン語に翻訳した後、自らの鷹狩りの体験を加えて、この大著をものしたとされる。
 
 アラブ世界、モンゴル帝国とも深いコネクションを持ち、好奇心にあふれた人物で、教皇に破門されたり、十字軍遠征で戦わずにエルサレムを奪還したりもして、とても興味深い。
 
 
 読み出したばかりで、全体を把握できていないが、まず、鷹狩りに用いる鷹の最高峰は、シロハヤブサだったことは確認できた。
 
 ルアーを使っての、餌に飛びつく鷹の訓練も書かれ、ルアーの作り方もまた生々しく描かれていた。
 
 イメージ 2
 
  なんと、シロハヤブサ用のルアーは、鶴の翼を切断して拵えたものだった。シロハヤブサの究極の捕獲対象は、鶴だったのだ。
  前に、元の初代皇帝フビライハーンが、いっせいにシロハヤブサを放って、鶴を捕えたことをマルコ・ポーロの「東方見聞録」を引用して紹介した。
 
 13世紀、東西で、最高の鷹狩りはシロハヤブサの鶴猟だったのだ。
 
 
 フレディリック2世の生涯  1194-1250
 フビライハーンの生涯    1215-1294
 
 時代的には、わずかに鶴狩りは、フレデリック2世の方が、先だった。
 フレディック2世は、鷹狩りの真髄をアラブから教わったのだから、アラブも同様だったのだろう。
 
 フレデリック2世の、左腕に鷹を止めるのも、アラブ流だ。モンゴルは、前から言っているように、反対の右腕だった。
 
 左  ヨーロッパ=アラブ=日本=朝鮮半島
 
 右  モンゴル=トルコ=ペルシャ=インド=中国 
 
 東西の帝国で、作法は違う。違うが、シロハヤブサで鶴を捕るのを最上とするのは、右腕派も左腕派も一致していたことになる。
 
 
 
 
 (続く)