黄砂の報に、有翼日輪やら諏訪のカラスをおもう

 中国大陸から黄砂とともに、pm2.5がとんでくるとの報道がさかんだ。
 太陽に、三本足のカラスがすんでいる、という中国うまれの伝説は、黄砂の賜物らしい、という話をおもいだした。絶版になってしまっているが、斎藤尚生さん「有翼日輪の謎」(中公新書)という大変興味深い本にかかれている。
 なぜ、中国では、エジプト、メソポタミアのような翼をもった日輪像がうまれずに、
 
イメージ 4
 
 三本足のカラスのすむ太陽となったか。
 エジプトでは、皆既日蝕のとき、コロナが翼をひろげたようにみえる。赤道型コロナといって、左右に大きくのびるので、まるでワシの翼のよう。
 それが有翼日輪の図柄をうんだというのだ。
 とくに、ツタンカーメン王の墓に、とくにあざやかな有翼日輪がえがかれたのは、在位中のBC1352年に皆既日食ナイル川をわたる地域で発生していたから、だという仮説だ。太陽の活動がミニマムの時代だったので、とくにコロナが美しくみえたのだという。
 
 中国漢代は、太陽の活動が活発だった「ローマ・グランドマキシマム」の時期にあたり、巨大黒点がみられたはずだという。目をいためるから、ふつうなら、太陽を直視しない。しかし、「黄塵が舞い上がり始めると、何日も何日も太陽がシルエットとして浮かんで見える。そういう太陽なら肉眼で大黒点がいつでも観測できるはずである」
そんなわけで、大黒点が黒い鳥にみたてられた。
 
 
イメージ 1
  太陽にすむカラス。漢代までは太陽のカラスは2本足が多いらしい
 
 
おまけ。
 
イメージ 2
 
 これは、長野県諏訪にある諏訪神社上社の印。
 諏訪にある鎌倉時代の武士の「五輪競技」跡、旧御射山遺跡をたずねた時に、伊藤冨男御射山祭の話」をかったら上の印が紹介されていた。著者は、官幣大社諏訪神社上社の御宝印にして諏訪大明神の御玉会と称したる御神形也」とキャプションをいれていた。
 神の姿らしい。初めはよくわからなかったが、上社は日神、下社は月神とかんがえると、これは三本足のカラスのすむ太陽ではないか。
 90度左に回転すると、
 
イメージ 3
 
 鳥のようにみえてくる。
  貴重な日本での日輪カラスの例なのではないか、とおもっている