内田吟風の古本蔵書印の謎がとけた

何十年も前の夏に、甲子園球場にかよっていたことがある。
 
しかし、ほとほと、高校球児の熱気にあてられて、つかれてしまうことがあり、
 
大阪の阪急古書のまち、にたちよって、つかの間、自分の時間をとりもどし、ホッとした経験がある。
 
その時、かった本が本棚にある。
 
内田吟風「古代の蒙古」。昭和15年、冨山房発行で、1円20銭の定価がついている。
 
イメージ 1
 
本には、こんな蔵書印がおしてある。
 
イメージ 2満鉄の案内所のものらしいが、
 
なんで小樽なのか、よくわからないまま、でいた。
 
「満鉄小樽鮮満支案内所」は、
 
なんてことはない、北海道・小樽にあった満鉄の案内所のことだった。
 
貴志俊彦満州国のビジュアル・メディア」(吉川弘文館、2010年)に掲載の当時のポスターをみて、
 
わかったのだ。
 
イメージ 3
 
満鉄の鮮満支案内所は、東京、大阪、名古屋のほか、敦賀、門司、下関、長崎、新潟、小樽と
 
9都市にあったことがわかる。
 
同著によると、1925年に東京丸の内ビル・大阪堺筋・下関駅前の3ヶ所に鮮満案内所がまず設置された。
 
案内事務、物産販売をし、1931年に満州事変がはじまると、内地での時局講演会に講師を派遣したり、
 
記録フィルムの貸与をしたり、満州での活動のPRをしたようだ。
 
旅行の手配は、案内所にあったJTBがおこなったそうだ。
 
1939年に、東京、大阪、門司、新潟の鮮満案内所を 、鮮満支案内所と改称し、
 
更に小樽に案内所、敦賀、長崎に出張所を新設し、各案内所は東京支社直属としたそうだ。 
 
というわけで、この古本は、小樽の案内所におかれていたことがわかった。
 
京都大学の研究者の、学術的な本が、旅行者にはたして、
 
よまれていたのかなあ、ともおもう。