メキシコの黒曜石鏃

 つくばの筑波実験植物園に、細が行きたいというので、息子夫婦の運転で出かけた。散策して戻ると、土産売り場に、黒曜石の鏃の複製品があったので買った。メキシコ製とあり、途端に興味が沸いたのだ。おそらく、国立科学博物館の施設なので、あちらの土産物を此処でも置いていると想像した。

イメージ 1
 
  メキシコで黒曜石と言えば、マヤ文明ではないか。
  はるか紀元前8000年から、17世紀末まで続いたマヤ文明では、16世紀まで金属を使用せず、石器を用いてきた。その主たるものが、黒曜石(OBSIDIAN)だった。

 イメージ 3 michael d. coe 「the maya」
 
イメージ 4

 マヤの領域は、メキシコ南部、グアテマラベリーズホンジュラス西部、エクアドル西部。黒曜石は、流紋岩質のマグマが噴出する火山で作られる、ガラス質の火山岩なので、産地はメキシコ、南グアテマラのシエラ・マドレ山脈の火山地帯に限られているという。
 産地によって成分が違うので、製品化された黒曜石の産地が分かり、各時代の交易の様子が推定できるのだった。
 そんなこともあり、マヤ研究では、経済活動、技術力、宗教儀礼、社会構造などを解明するのに、黒曜石は重要なファクターとなっている。
 
 日本も黒曜石の産地が多く、以前に八ヶ岳周辺で土産に買った黒曜石を思い出し、帰宅して比べてみた。八ヶ岳のものは、縄文時代に鏃、石刃として加工されたものと同じ原料だ。
 
イメージ 2

 メキシコの黒曜石は黒々として艶があり、透けた八ヶ岳のものとの違いはすぐ分かった。
 
 さて、現実に目を向けてみると、10月末、国内の犯罪、暴力を恐れてホンジュラスから米国を目指した「移民キャラバン」が発生した。7000人にまで膨れながらグアテマラを通過し、メキシコ国境に差し掛かっている。さらにマヤの領域を超えて行く先、国境で待ち構えているのはトランプ大統領の米国の兵士たちだ。

 メキシコの黒々とした堂々とした黒曜石の鏃を触ってみながら、歴史の激動の只中にいることを思う。