焼かれたカササギはだれの怨霊か

イメージ 1

    AUDUBONのかささぎ
 
 かささぎについて、妙な話(扶桑略記、拾遺往生伝)があるのを思い出した。
 10世紀の初め、平安時代天台宗山門派の僧(玄昭)が、宇多上皇の亭子院で修法中、かささぎの姿になった、真言宗の高僧真済の霊が玄昭の前に現われるというものだ。
 
 玄昭は、かささぎを護摩壇の火にくべて焼いてしまうと、今度は小人の法師になって現われる。ノイローゼになった玄昭を救うために弟子の浄蔵が霊を調伏する。
 奇妙な話にかささぎが絡んでいる。
 
 真済という僧は、空海十大弟子の一人で、僧正に上り詰めた高僧なので、恨んで怨霊となる筈がないと、14世紀の真言僧栄海が異論を唱えて以来、謎になっている。
 真済を怨霊に仕立てたのは、後世の宗派間の対立、いざこざが原因とされてもいるが、どうも無理がある。
 
 ここで、前に記した菅原道真という補助線をひいてみる。道真はかささぎの歌を平安時代に始めて歌った人物。かささぎの霊は、真済でなく、道真だと考えて入れ替えてみる。
 
 右大臣だった菅原道真は、ライバルの左大臣藤原時平らの讒言にあって、901年大宰府に左遷され、
903年に「配所」で病死する。道真を追い落とした時平は、39歳の若さで亡くなったことから、道真の怨霊によって亡くなったと伝えられた。
大鏡」では、道真は雷神となって現れたと書かれている。
扶桑略記」には、時平が道真の怨霊を鎮めるため、浄蔵に祈祷してもらったが、道真が現われ制止したので
浄蔵が調伏を辞退したところ、ほどなく時平は死んだとされる。
 
 話を戻すと、かささぎの霊が現われた、宇多上皇の亭子院(ていじのいん)は、道真の死んだ年に、皇太夫人藤原温子が移り住んだ処で、温子は怨念の対象の時平の妹。真済の怨霊を沈めた浄蔵は、道真の霊を鎮めようとして失敗した僧であること(「扶桑略記」)。
 
 真済の名を借りているが、かささぎの怨霊は道真と考えるのが自然だろう。扶桑略記」が書かれた11世紀終わりには、道真といえば「かささぎ」だったのだ。