2020-01-16から1日間の記事一覧

榊原政職氏の遺著のこと

夭逝した考古学者榊原政職氏の遺著が目の前にある。 300頁を超える立派な「人類自然史」(内外出版、大正12年)。日本の石器時代人、文化の研究から、はるか世界全般の人類の研究に及ぶ著作であった。 前に触れた熊本県の轟貝塚の発掘の1か月後、血尿…