「上杉茂憲」を読みながら沖縄の嘆きを想う

 知人に譲った迷い猫は、暴れているようだが、おかげで知人からは、家庭に笑い声が絶えないと、感謝された。ホッとした。
 我が家の猫は、相変わらず、医療用のカラーをつけた生活を強いられている。出張5日間留守にして戻った処、猫が鼻に入れたチューブを出してしまったり、あげくにチューブを噛み切ってしまったりで、細は一日に2回も動物病院に行ったと、参っていた。
 
イメージ 1
 アマゾンから家に届いていた童門冬二「上杉茂憲(もちのり)」を読み出す。
 副題が「沖縄県令になった最後の米沢藩主」。
 
 明治17(1884)年、ベルリン民族学博物館から、明治政府へ琉球民俗資料を集めたい、と依頼があった際、沖縄県令が機転を利かせて2つずつ用意し、一つが今も東京国立博物館に収めてある、 といったことを前に書いた。
 おそらく、その賢明な県令が茂憲だろうと、確かめるべく、簡単そうな本から読み出すことにしたのだ。
 本土から沖縄にやってきた役人に、心無い人物が多いのが相場だが、上杉茂憲の評価は地元で高いのだ。山形・米沢、上杉謙信を祖と仰ぐ上杉家の墓所の一角に、沖縄の有志が茂憲の顕彰碑を建てている、とこの本のまえがきにも書かれている。
 
 明治時代、石垣島で測候所を作った素晴らしい人物はいるが、本土の政策に沿って、沖縄に無理強いした役人がどうしようもないようだ。特に、明治にやって来たある司法の役人などは下の下とされる。現在も当時となんら変らず、ロクな人物がいないという、地元の嘆きの正当性を沖縄防衛局長がはっきりと示している。