郡山の美術館で思ったこと

 福島・郡山に用あって、平日、市立美術館を訪ねた。静かで美しいMUSEUMであるが、常設展のみだったので、閑散としていて、僕一人しか、入場者がいなかった。
 
  ターナーの風景画が幾つかあった。
 
  
 西洋かぶれの赤シャツと、提灯持ちの野だいこ、の会話を思い出す。
あの松を見たまえ、幹が真直で、上が傘のように開いてターナーの画にありそうだね
と赤シャツが野だに云うと、野だは 
全くターナーですね。どうもあの曲り具合ったらありませんね。ターナーそっくりですよ」と心得顔である。
 
  僕は夏目漱石「坊ちゃん」を読んで、ターナーの名を知ったのだった。展示室に、監視の女性館員以外、だれもいないので、絵を見ながら、昔の事が心に浮かぶのだ。
 
  天保年間に江戸・下谷の提灯屋次男として生まれた亀井竹二郎のタブロー。夜の春日大社の様子を、黒の使い分けで、見事に描いていた。闇と僅かな明かり。当時の夜の闇の暗さを偲ばせて唸った。亀井の「懐古東海道五十三駅真景」の内、夜の風景を数点集めて展示する美術館の演出も感心したし、夜の風景作家を知ったのがうれしい。
 提灯屋の子供だったから、闇と提灯の絵を得意としたのか。23歳で夭折した竹二郎がいとおしい
 
参照  昼の絵ではあるが
 
 
イメージ 1
 
 ロビーには、英国のアントニー・ゴームリーのステンレス・スティールの小棒を用いた2000年制作の 
2作が置かれていた。金属の小片で、人間が形づくられている。
  僕はジャコメティが好きで、第二次大戦後、立体作家ジャコメッティが人間の存在を描いて、ぎりぎり、細長く凝縮した人体像に行き着いたのに対して、ゴームリーの人体像は、DNAに分解され、記号化された現代ならではの人体像に思えて、悲しくも、いとおしくなった。
 
 僕が、琉球やモンゴルに惹かれるのは、ジャコメティの描いたような細くとも凝縮した人間が、まだ、琉球や、モンゴルには許され、残されているのではないかという、幻想からだろう。
 
 ゴームリーの描くのとそっくりなのだろう僕は、暮れてきた森から、街に出た。