モンゴル民謡を聴いた後

 異動になった後輩を誘って、品川駅でビールを飲んで帰る。「探偵MONK」が始まる11時まで、家でレコードを聴くことにする。
  まず、モンゴル民謡のシングル盤を聴く。モンゴルの長唄(オルティンドー)は、掛け値なしでいいものだと思う。ただし、古いレコードは、みな、同じジャケットなので、中身を出さないと、どの曲か分からない。
 
 イメージ 1
 
 LPを探していたら、深町純さんの「It’s you」が入っている「horizon dream」が見つかった。来月で、亡くなってから1年になる。渋谷で、Tさんに誘われて、結婚したばかりの深町夫妻と会って幸せそうだなあ、と思っていたのに。
 実は、悲報の連続のここ数年なのだ。Tさんを通して知り合った、NHKのOさんが亡くなって、湾岸の斎場で送ってすぐ、Tさんがガンに侵されたのだ。
  闘病後、復帰したTさんに会いに、フジロックの会場に出かけ、元気な姿にホッとした矢先、Tさんも亡くなってしまった。
 
 Tさん、Oさんと彼らの友人の深町さんも亡くなり、またTさんが晩年に手がけ、復活したフラワートラベリングバンドのジョー山中も今年、亡くなってしまった。
  深町さんの曲を聴いたあと、ジョーのLP「魂」を見つけ、「別れの夜に」を聴く。湿っぽくなってしまったので、LPからCDに変えて「日本ロック&ブルース大全3」を聴く。
  ミカバンド「どんたく」、HIS「日本の人」。いいなあ、だが加藤さんも、キヨシローも、もう居ないのだった。
  気が付いたら、「探偵MONK」は終っていた。