苦労して「祭猫文」を読んではみたが

 各務支考「祭猫文」の本文は、難解だ。誰か評釈をしているのだろうが、手元にない。


 何度か、読んでいると、支考は、亡くなった猫をメス猫として描いていることが、分かった。
 かつては華やかな恋もしたが、源氏物語女三宮のように、尼となって李四の草庵で暮らしているという猫に。

 〽秋の蝉の露に忘れては。鳥部山の四時に噪ぎ。
  秋の花の霜にほこるも。馬嵬が原の一夜に衰ふ。

   きのふは錦茵に千金の娘たりしも。
   けふは墨染の一重の尼となれり。

 花の色はうつろう。若く元気で美しい時は、あっという間に過ぎ去る。(鳥部山は、京都の風葬の地であり、荼毘所であった。馬嵬(ばかい)は、楊貴妃が反乱軍に殺された中国の地)錦のしとねに暮らす煌びやかな衣装の娘ネコも、出家して墨染の衣の尼ネコとなってしまった。

  されば 柏木ノ衛門の夢。
      虚堂和尚の詩。

 恋にはさまよふ。欄干に水なかれて。梅花の朧なる夜。
 貧にはぬすむ。障子に雨そそひで。灯火の幽なる時。

 

 源氏物語女三宮を愛した柏木の夢のように、メス猫は恋にさまよったが、今は、一休和尚がしたためた詩(貧人の盗みは偸盗戒にあたらない)のように盗み食いもする暮らし。
 
  鼠は可捕(とらるべし)とつくりて。褒美は杜工部。
  蛙は無用といましめて。異見は白蔵司。

 昔は女三の宮の中。牡丹簾にかがやきて。花をまさにはやく。
 今は李四が庵の辺。天蓼垣にあれて。実すでにおそし。

 鼠を捕ると杜甫の詩集を褒美にもらったが、今は僧に化けた白狐に、蛙には構うなと戒められる。昔の暮らしは、簾に牡丹が輝くようだったのに、今は草庵の垣根またたびの実もしおれている。

 

 といった具合だ。この解釈でいいのか、心もとないが。

 長くなったので最後は端折るが、メス猫の来世を思い描きながら冥福を祈って終わる。とめの言葉は「如来畜生 南無阿弥」。

 

f:id:motobei:20200317142835j:plain

 結論

 同じ蕉門十哲でも、観察眼の鋭い、其角のように猫の生態を描いているわけでなく、支考の作は、草庵の猫を、出家した身分高い貴婦人になぞらえたところがポイントで、技巧が目立って、猫好きにとっては物足らない感じがする。
 

「祭猫文」は「風俗文選」(岩波文庫)に収録されている。