小説家のころの犬養健

 大正14年「改造」7月号には、谷崎潤一郎佐藤春夫のなまなましい小説に挟まれて、犬養健(いぬかい・たける)の「兼介とその通信」という小品が掲載されていた。

 英語辞書編集の孤独な作業に疲れ切った教師の主人公が、妻と5歳の長女とともに、信州の避暑地の別荘を借りてひと夏を過ごす。二女を早産で亡くし憔悴の夫妻が、知り合った隣りの別荘の溌溂とした3きょうだいとの交流を通して、忘れていた希望や元気な日常を取り戻してゆく様子をたんたんと描いている。

f:id:motobei:20191204171212j:plain

 犬養健が、白樺派の作家だったころの作品だった。昭和4年に「南京六月祭」を上梓した後、政治の世界に身を投じる。父、立憲政友会総裁の犬養毅の下、政友会の議員となり、昭和6年に毅が首相になった時、「総理秘書官」を務める。しかし、翌7年犬養首相は青年将校らに襲撃されて死亡する(5.15事件)。

 

 私が犬養健に関心を持ったのは、「揚子江は今も流れている」(中央公論、1960年)という著作だった。1937年、近衛文麿第2次政権で、「内閣逓信参与官」となった衆院議員の健は、盧溝橋事件勃発後の、陸軍統制派の中国南下策、戦線拡大を抑えるため、和平への最後のチャンスにかけ、陸軍今井武夫・影佐禎昭らに協力する。同書では、汪兆銘ハノイ脱出行など、当時の生々しい時代の証言が披瀝されている。

 1950年11月、NYのセントラルパーク南通りのサン・モリッツという小ホテルで、犬養が朝食を取っているとき、中国国民政府のアジア局長だった康紹武に声を掛けられる場面から話は始まる。

「新聞を読みながら食卓に着いていると、「ケンちゃん」こう声をかけて、私の両肩をうしろから押さえる者がある。私は振り返って驚いた。「紹武!」と私は思わず叫び、その男を抱きしめた」。

 前年、大陸に共産党政権が樹立され、米国で暮らすはめになった国民政府の元外交官の康。敗戦後公職追放となった健は、48年に追放解除となり50年に渡米していたのだった。

 歴史から消えかけている1939、40年の彼らの行動が、NYの2人の再会から回想される。

 

f:id:motobei:20191204171443j:plain

 戦後教育では、汪兆銘政権は日本の傀儡政権として一言で片付けられてきた。

 犬養は、日本との和平を探る国民党の分派、汪との連携に動く。抗日へ舵を切った蒋介石国民党から命を狙われる汪と、中国の戦線拡大を進める陸軍統制派に殺されかかる犬養の行動が描かれている。

 結局、頼みの近衛内閣に、犬養らは裏切られることになる。文麿には、多くの文化人が結集して協力した。権力を持つ陸軍統制派と対決できる最後の砦と思いを託したのだった。ところが、近衛はあっさり戦いもせずに言いなりになった。歴史の大事な局面で露呈する文麿の「決断力の欠如」。

「近衛首相のよくやる自分の関係した事件について第三者のように冷淡にしゃべるいつもの癖」と辛辣な表現で犬養も記している。体を張らなかったのだった。

 統制派の首領東条英機に反旗を翻した参謀本部石原莞爾の呼びかけも、近衛は無視した。石原は、中国戦線の「不拡大方針」を表明、蒋介石との和平交渉を提案したのだった。近衛は統制派の考えに従って中国との戦線拡大の道を選ぶ。

 東条と対決し左遷また左遷の運命をたどり、「東条暗殺計画」に至った石原について、犬養は、近衛の性格を知らなかった石原の失敗だった、と書いている。

 

 白樺派作家から政治家となった後、父の暗殺に立ち合い、孫文と親しかった父の遺志をついで中国政治家との橋渡しを目指した。親しかった学習院仲間の近衛文麿への協力は、ゾルゲ事件で一時拘束されるほど深入りしたものの、実を結ぶことがなかった。戦後はまた、別の波乱が待っている。

「兼介とその通信」で描かれた避暑地のひとコマは、辞書編集者の主人公の姿を通して描かれた、作者のつかの間の平穏だったように思える。彼のやりとげたかった政治的な行動は、戦後人気評論家として活躍した長女の犬養道子が、「ある歴史の娘」など多数の本で描き足しているが、今どれだけの若い人に読まれているのだろうか。

 繊細な心理描写が特徴だった健の小説の文学的側面は、孫にあたる女優の安藤サクラの演技や、安藤桃子が監督した映画に、受け継がれていると感じられなくもない。