嵯峨の長慶天皇陵

 この夏の京都のひとコマ。JR嵯峨嵐山駅前のいのうえで夕食を取り、嵐電嵯峨駅から、京都の四条河原町に戻る時、副住職に「ちょっと面白いところがありますから見て帰ってください」といわれ、深まる夕闇の中、連れて行かれた。

 踏切を越えて、静かな道を右折すると目の前に、天皇陵、「長慶天皇嵯峨東陵」があった。人けが全くない。

「どうしてこんな所に?」「面白いでしょ、いろいろわけがあるようですよ」と副住職。見送られながら、また、ひとつ「宿題」を与えられたと思いながら、嵐電に飛び乗った。

 

f:id:motobei:20190913124745j:plain

  長慶天皇は、南北朝時代南朝方だった。長い間天皇として認められておらず、大正15年10月21日になって「詔書」で98代の天皇として即位が認められた。「皇統加列」というらしい。

 南北朝正閏問題」が背景にあった。1336年から1392年の57年間、南朝北朝による内乱があり、南北朝時代といわれているのは知られている通り。後世、北朝正統、南朝正統、南北朝並立など皇統をめぐる諸説が繰り広げられた。

 明治時代になって、大逆事件をきっかけに南北朝歴史認識がクローズアップされ、南朝正統論が活発になった。国定教科書が「南北朝並立説」を採っているのは怪しからんと、新聞が騒ぎ、国会でも野党が追及。明治44年、第2次桂太郎内閣が「南朝正統」を閣議決定した。文部省の編修官だった喜田貞吉が世論の袋叩きにあい、休職処分を受けた。(喜田をかばったのは、並立説の歴史学者三上参次くらい。教科書の大御所で同じ並立説だったはずの歴史学者三宅米吉が沈黙したのを喜田は恨んでいたようだ)

  その流れを受けて、「天皇皇族実録」の編修者で歴史学者宮内庁の御用係、芝葛盛(かずもり)が、大正5年8月「長慶天皇ヲ皇代ニ列シ奉ル議」を起草、上申し、10年後に正式に天皇として認められたというわけだ。この天皇は、ほとんど事跡を残していない。

 父が後村上天皇。生母・嘉喜門院(「その御姓名御出自については不明である」=芝「元中東宮考」)弟が後亀山天皇

 長慶天皇の後に南朝即位した後亀山天皇が、北朝擁護の足利義満の提示した講和条件を受諾し、北朝後小松天皇三種の神器を伝えて譲位、南北朝は終焉した。後亀山天皇は吉野から嵯峨の大覚寺に移ったが、その後両統迭立を破られて、怒って吉野に潜幸。1416年に和睦して大覚寺に戻ったという具合で、当時嵯峨が舞台だったことが分かる。

  さて、なぜ嵯峨に長慶天皇陵が出来たか。天皇陵の研究をしている外池昇氏がいきさつを書いていた。「長慶天皇陵と『擬陵』」(2017年、日本常民文化紀要)。

 昭和10年「臨時陵墓調査委員会」(黒板勝美、辻善之助、荻野仲三郎、芝葛盛委員)が結成されたが、天皇の終焉地は記録に残っていない。長慶天皇の陵墓の言い伝えがある全国67ヶ所を検証したが、青森から奄美に及ぶ候補地はいずれも「偽作偽物ニ拠ルモノ」と判定が下った。

 政府は、皇紀2600年(昭和15年)までに治定したいと進めたが、間に合わず、昭和19年、長慶天皇の由緒の深い、天龍寺塔頭「慶寿院址」に「擬陵」を造ることでなんとかまとめた。時間を要したのは、宮内次官の白根松介が「擬陵」の考え方と「皇室陵墓令」44条の整合性にこだわり、議論を重ねたためだった。

 陵墓には、長慶天皇関連で残る唯一の、御宸筆の御願文を原寸大で石に刻んで葬ったとされる。

  あらためて、夕暮れの長慶天皇陵を思い起こす。昭和19年、敗色が濃くなった戦時下に建設されたのだな。明治後半の南北朝正閏の騒ぎがめぐりめぐって、この陵の造営につながったのだな。

 「近代史の文化遺産」でもある、長慶陵について、嵯峨の住民の副住職が一言でいえなかった理由が分かったような気がした。