松本たかし主宰「笛」の表紙猫

 

 猫は天気がよいと、窓辺で午後を過ごし、そうでないと、我が部屋のクロゼットの上段に潜り込んでじっとしている。休日に、猫が窓辺で脚を伸ばして横になっていたとき、毛並みをなでてみた。春めいてきた日差しを浴びて、体全体があたたかくなっていた。
 日差しを抱蔵している! と思った。「抱蔵」なぞという言葉は自分の語彙になかったが、俳人の松本たかし(1903-1956)の句で覚えたのだ。
 
 「午下(ごか)の日を抱蔵したり大桜」というものだ。
 
 満開の大桜が、昼下がりの日を浴びて、その光りと温もりを、樹木全体で蓄えているー。
 
 YAHOOブログ終了の知らせに、重たい気分で事務所の近所を散歩していたら、見知らぬ古本屋を見つけた。神保町では古本屋が減っているが、流れに抗して、2、3年前開店したのだという。間口が狭くて気づかなかったのだ。
 
 その店で見つけのが、松本たかしが主宰した俳句文芸誌「」だった。昭和2324年発行の2冊だった。24年のものは、表紙が黒猫だった。
 
  イメージ 1
 
 二科会、一陽会に所属した洋画家・高岡徳太郎画伯の絵だった。尻尾の一部を削ってまで、表紙いっぱいに印刷された猫は迫力がある。
 
 そういえば、松本たかしには、猫の句が多い。昭和23年の句に
 
  猫飼へば猫が友呼ぶ炬燵かな
 
 があるので、23年には、住まいの東京・杉並の久我山で猫を飼っていた。たかしが猫を可愛がったことは、句で分かる。
  買初の小魚すこし猫のため (昭和26年)
  猫のためはや炬燵して露の宿 (同29年)
 
 たかしは昭和31年5月に亡くなったが、その年は、猫の句がとくに目立つ。
  草枯るる猫の墓邊に猫遊び
《先代の猫が亡くなって、二代目の猫が庭で遊んでいたようだ》
 
  猫と居る庭あたたかし賀客来る
  霜解の猫の雑巾濡縁に
  《最晩年は正月から猫と穏やかな日を送っていたようだ》
 
  三つ飼ふ猫の出入りの日脚伸ぶ
  二つ出て一つ炬燵に春の猫
《飼猫は3匹に増えていたのだった!》