新しき村を訪ねてみた

 武者小路実篤の設立した「新しき村」は今どこにあるのか、調べてみると、知人の住む埼玉県日高のご近所の毛呂山町だった。
イメージ 1 
 
 台風24号が来る前の日、息子の運転で村の中にある「武者小路実篤記念 新しい村美術館」を訪ねてみた。時計を後戻ししたような静かなたたずまいで、妙に落ち着いた気持ちになった。
 
息子夫婦は、美術館で実篤の書に興味を持って、「相田みつをみたいだ」とささやいている。私らが若い頃は、「仲良きことは美しき哉」など実篤の書がプリントされた色紙や皿が、どこの家庭にもあったものだったのだが、彼らは知らないのだった。
私は、「桃栗三年、柿八年、達磨は九年で俺一生」という書を見て改めて感心していたのだが。
 
はて、今調べている英文学者の工藤好美氏と「新しき村」のつながりのヒントがないものか。美術館の女性が、宮崎県児湯郡に開村された当時の様子が分かる「新しき村の八十年」の冊子を持って着てくれた。自宅でゆっくり調べると、工藤さんの名はないが、同郷の大分県佐伯市出身の詩人加藤勘助の存在が浮かび上がった。
 
山頭火の研究をされている佐伯市の古川敬さんの文章をHPで見つけたところ、勘助は佐伯市で短歌誌「金盞花」を創刊し、若き工藤青年が投稿し、同人になっていた。文学仲間だった。
 
WEBで見つけた古川さんの「盲目の詩人 加藤勘助の生涯」(佐伯史壇、2013年)によると、勘助は、大正6年(1917)に、大分県別府に滞在していた歌人の木下利玄とたまたま知り合い、友人の実篤を紹介されたいきさつを記していた。
その時、実篤は「新しき村」を構想し日光、信州など候補地を考えていたが、勘助が推薦する暖かい宮崎、日向にすぐに決定。翌710月、佐伯の勘助を訪問。一緒に海路を宮崎・土々呂(トトロである!)に出、周辺を歩きながら、村役場に飛び込んでは土地探しを続けたのだという。
土地は見つかったが、その途中で勘助は失明して脱落。福岡の九大病院で治療を続けた。
大正9年に実篤は、失明した勘助を迎えに行き、手を引いて村に招いたのだった。
 
失明しながらも農耕をし、故郷の佐伯新聞に「新しき村より」と題して逝去するまで寄稿。佐伯の青年たちは、実篤、勘助に会うために、新しき村を熱心に訪ねたという。残念ながら、勘助は入村9年目の昭和4年に風邪をこじらせて39歳で逝去。村では「加藤勘助詩集」を発行して偲んだ。
 
工藤青年は、勘助が入村する前の闘病時代に、早大入学のために上京している。実際に新しき村を訪ねたのか、分からない。しかし、「白樺派」の運動のごく近くにいたことがわかる。

イメージ 2 

毛呂山新しき村売店で、村で栽培する、椎茸、新茶を買った。広い食堂があり、祭の時に使うのだという舞台がついていた。大きく村の空気を吸って、村を後にした。