噴火と鎧と

 榛名山・二ツ岳噴火で埋もれた金井東裏遺跡(群馬県渋川市)のことを書いた手前、あらためて調べなおしてみると、発掘が進んで、知見が深まっていることが判明した。
 目に付いたのはー
◆鎧(札甲)を着たまま発見された男性の近くで、新たに首飾りをした女性の骨も発見され、乳児を含め合計4人の骨が確認されていた。
◆男性は札甲とともに、冑(横矧板鋲留衝角付冑)をかぶっていた。
◆男性から70mはなれた場所に、馬飾りの剣菱形杏葉が出土した(火砕流で馬も流されたと推定される)。
◆襲った火砕流は、6世紀中葉のものより、その前の5世紀末(群馬県埋蔵文化財調査事業団は6世紀初頭説)らしいことも判った。
 
 発見当初と随分、被害状況が違ってきた。自分流に解釈すると、5世紀末、絶え間なくマグマ水蒸気爆発を繰り返していた二ツ岳が、ある日大爆発をして火砕流が発生。8キロ離れていたムラにも、思いがけない速さで襲い、鎧冑姿でひざまずき防御の姿勢で頭を下げていた男性ら4人(おそらく家族だろう)が埋められ、愛馬も流されてしまった。
 
 男性が着用していた札甲(挂甲)は、噴石にも耐えるものだったのだろうか。現代に再現した人がいたはずだ、と思い出し、本棚を探すと「ふたがみ1」(1994年、香芝市二上山博物館)に掲載された船山政志氏「香芝市別所城山2号墳出土札甲の復元的研究」を見つけた。同氏は、8日と10時間30分の実働時間をかけて、札甲を制作、再現していた。

イメージ 1別所城山2号墳の札甲「ふたかみ1」より

小札作り=型紙を鋼板にあてて、形を写しとり、ポンチ打ち、穴あけ、173枚の小札(こざね)に切断。やすりがけ、磨き、洗浄、漆塗り・乾燥、孔通し(計7日と22時間30分)
組み立て=革綴じ(鹿のなめし革)し、甲の端も布、革で覆って(覆輪)完成。(計12時間)

イメージ 2
 札甲復元想定図(「ふたかみ1」)
 
 重さは3.3㌔になったという。船山さんは、橿原考古学研究所に出かけ、所員に着用してもらい感想を求めた。「動きはそれほど不自由ではなく、重さもさほど感じられないということであったが、この札甲だけでは防御が不十分ではないかとの指摘をいただいた」と記している。札甲の下にも防御になるものを着込まないとならないということか。いずれにしても、3.3㌔なら決して重くない(和服がおよそ1㌔、十二単が20㌔)ので、さらに冑を被っても動きに制約はなさそうだ。
 
ただし、「防御は不十分」の率直な感想からすると、噴石対策に不完全なのは否めない。早く逃げ出すことはできなかったのだろうか。噴火は初夏だったらしい。