台風23号は「象」という名の台風

  象のノート(9)

 台風21号が去った。鉄道ダイヤが乱れ、台風一過、超満員電車に乗って出勤した。今度の台風で初めて気づいたのは、21号に「LAN」という名がついていたこと。
 けげんに思って調べるとー。
 ハリケーンにイルマなど名が付いているように、太平洋で生まれた台風にも、2000年から、共通名が付いているのだった。14の国・地域が参加する台風委員会が決めたという。
 
 「LAN」は、米国がつけた名で、「嵐」からとったという。1番目から140番目まで、各国が分担して命名しており、140番が終わると1番にもどる方式。今回の「LAN」は139番目なので、台風22号についで23号が発生すると1番目の名前にもどる。
 
 1番目は、カンボジア命名したDAMREY(ダムレイ)。「象」という意味だという。さんざん書いてきたように、象、とくに「酔象」は戦う象として大暴れするから、なんだか、大型台風になりそうな名前だ。
 
イメージ 1
カンボジア命名した「鶴」という名の台風もある

 日本は、星座から「ハト」「クジラ」「ウサギ」と台風らしからぬ大人しい名をつけたが、台風が大きな被害を与えないように祈りをこめたのだろうか。
 なぜこんな恐ろしい名をつけるのかと思ったのが、マカオの「スズメバチ」(ファンフォン)。命名の訳を聞いてみたくなる。63番目なので、おそらく3年後にやってくる。
 
 危険なミサイルと飛ばしまくっている北朝鮮は、意外にも「たんぽぽ」「ひばり」「桔梗」「かもめ」と穏やかな名前をつけている。