モンゴル草原の黄花梨の椅子

 モンゴルの草原に、沢山の石人の文化財が残っている。
 
イメージ 6
 
 僕は今まで、突厥時代の古い石人に目がいきがちだったが、もっと新しい時代の石人にがぜん興味が湧いている。
 
イメージ 1
 
 というのも、石人の座ってる椅子が素晴らしいことを発見したからだ。
 
イメージ 2 イメージ 4 ②
 
 曲線が美しい。②の椅子は、背中からの曲線が腕まで続いて、先端は上にカールしている。
 
 ①の椅子は、脚がクロスしている。FOLDING CHAIR=折り畳み椅子だろう。草原の移動生活に向いている。
 
 はて、どこで作られた椅子だろう。トルコやロシアの古い椅子を探したが、こういう曲線のものはない。
 
 みつけたのは、やはり隣国のものだった。
 
イメージ 3
 
 明、清代の高価な黄花梨(huanghuali)の曲線に似、しかもそっくりな椅子があった。
 
イメージ 5
 
 中国南部、海南島が主な産地の黄花梨。美しい艶、流水のような曲線をもたらすため、家具の主要木材として重用されたという。


 美しいので、海外のオークションで、いまも目が飛び出る価格で取り引きされている。草原の王たちも、黄花梨の家具に魅せられたのだった。


【注】石人のイラストは、「APXEOЛOΓИЙH  CУДЛAЛ(考古学研究)」(1987)の、「東モンゴルの石人」から。