椿の蜜を吸いにくるメジロをカオドリと推定してみる

 毎朝、鳥がやって来る。椿の花の蜜をすいに、メジロペチュニアの葉を食べに、ヒヨドリ

 細は、「メジロと目があった。あわてて逃げていった」という。
 このところ、僕は、道でよく、セグロセキレイにであう。舗装道路で、尾を上下に振っている。コンビニの前にいて、交通量の多い道路まで、跳ねて出てくることもある。人間や車に警戒心が少なく、よほど、人が好きなのか、と思っていた。

 よくよく考えると、食性のせいだった。花の蜜や、葉を食べる鳥と違って、雑食なのだった。虫も食べます、パン屑もたべます、ということらしい。コンビニの付近にいる理由がわかった。

+++++++++++++++++++++++++

イメージ 1

 セキレイは、イザナギイザナミの国生み神話に登場するので、古くから認知されていたが、メジロヒヨドリは、どうだったのだろう。記紀神話万葉集風土記に記述は、見かけない。

 ウグイスににて、ウグイス以上に人の近くまでやってくるメジロの記載がないのは、なんとも不思議と思っている。

 カッコウが有力な「カホドリ(貌鳥)」に、メジロ説を押し込むことはできまいか。

 容鳥(かおどり)の間無くしば鳴く春の野の草根の繁き恋もするかも (巻10 1898)

 万葉集で歌われたカホドリ(貌鳥、容鳥)の、生態は

1 春に鳴く鳥で、櫻の花の咲き盛る頃、盛に鳴き、花の散った後も鳴き続ける
2 山の森の中で鳴く
3 野辺でも鳴く
4 (歌の解釈次第だが)水辺にも来り鳴く鳥でなければならない
5 せはしく連続して鳴き続ける鳥であること
6 朝早く盛に鳴き立てる鳥でなければならない
7 昼夜共に鳴く鳥の様である
8 人里附近に来て人を恐れずに囀る鳥でなければならない
9 カホドリと名付けるについての何らかの根拠を有するものでなければならない

と、「続万葉動物考」で東光治氏は条件をあげている。

 過去、アヲバト、カハガラス、カラス、カハセミ、キジ、トラツグミ、ヒバリ、フクロウ、ミミヅク、ヨタカ、ヲシドリと、10種以上が候補にあがったが、東氏は、カッコウ説を提唱している。カホドリの名は、カッコウの鳴き声「カホ」「カホウ」からの由来としているとの考えだ。

 メジロを9条件に照らし合わせると、鳴き声は、文句ないし、カホドリと言われるわけも、目の周りの白いリングが理由と考えればいい。メジロは、似た姿のウグイスと混同され、メジロもまた、ウグイスと呼ばれていたというのだろうか。

 メジロは、古来から声のいい、目立つ顔の「カホドリ」として、万葉人は認知していたのではないだろうか。毎朝、やってくるメジロから、ふと、想像した。