正倉院の犬猫用漢方薬

 年末は、テレビで探偵ものをよく見た。

 劇中、毒殺シーンが出てきたが、青酸カリでも、トリカブトジギタリス、ふぐ毒によるのでもなかった。
「科捜研」は、イチイの木の種。イチイは薬だが、種にはタキシンという猛毒が含まれるという。ドラマでは、京都の山で採ってきたイチイの種をスムージーに混ぜて殺害するというものだった。

 NYの探偵シャーロックが登場するWOWOW「エレメンタリー」は、ワトソン(女性の設定)の恋人が
HEMLOCK=毒ニンジンの入った飲み物で殺害される。

 ともに、新鮮な毒物設定に思えたのだが、毒ニンジンは、古来有名な毒薬で、ギリシャの哲人ソクラテス
死刑判決を受け、弟子たちの前であおったのが、この毒入りの杯だったと伝わる。紀元前399年のこと。弥生時代の昔から、毒にんじんは、欧州ではよく知られていたようだ。

 イチイも新鮮なものではなかった。17世紀始めのシェークスピアハムレット」。父親のデンマーク王が毒殺されることで始まる有名なお話。毒は、HEBENONという名になっている。眠っている王の耳に毒をたらされて殺された、と王の亡霊は語る。シェークスピアだけに、この毒物の研究も進んでいるようだ。

 毒ニンジン(HEMLOCK)説、イチイ(YEW)説も有力だったという。

 しかし、ヒヨスというナス科の植物だったと、いうことで落ち着いたようだ。なじみがないが、ユーラシア原産で、HENBANEという名前。HEBENONにそっくりなのも決め手になったようだ。

イメージ 1 
日本でなじみの薄い、毒ニンジン。
杉山二郎、山崎幹夫「毒の文化史」(講談社、85年)から。

++++++++++++++++++++++++++

 毒と薬はうらおもて、少量の毒は薬になり、大量の薬は毒になる。年末に、薬についても気になった。年の瀬、高円寺で購入した古本「正倉院文化」(48年、大八洲出版)をめくっていたら、正倉院御物に、猫や犬のための薬があったという活字が目に飛び込んできたのだ。木村康一氏「正倉院御物中の漢薬」。

 正倉院献物帳の帳外の現存薬に、「烏薬」=ウヤクがあったという。中尾万三氏が調査し、「天台烏薬」と特定したものだ。「尚研究を要する」と筆者の木村氏は慎重に書いているが、烏薬は、「吐瀉をともなふ胃腸病、婦人病、猫犬百病に内服された」と記している。

 ペットに? 正倉院の生薬が、ご婦人や胃の弱い御仁ばかりか、猫や犬に用いられた?

 それは分からない。

 クスノキ科の小灌木テンダイウヤク=天台烏薬は、整腸作用があるらしい。神経性胃腸炎リューマチに薬効ありと、記すものもある。だが、本家の中国でこの漢方を犬猫に処方するという記載は、探した限りでは見つからない。江戸時代の天保年間になれば、戯作者の暁鐘成(あかつきかねなり、1793-1861)が、
犬猫の万能薬として烏薬のことを紹介しているので、その頃になれば一般に認知されたのだろう。

 いつから、猫や犬に、決して安価でない漢方薬を飲ませ始めたのだろうか。