ミカンを食べながら沖縄のクネンボを思う

 与那原恵さんの「首里城への坂道」の中に、宮古島の子守唄「東里真中(あがずさとんなか)」が出て来る。

蜜柑木(ふにりあ)が うが如んよ
香ばしゃ木が     うが如んよ
島覆い   照り上がりよ
国や覆い  照り上がりよ
 
 蜜柑の木が成長するように、香ばしい木が成長するように、島を覆い、国を統べる立派な人におなりなさい、という歌だと書いてあった。
 
 この蜜柑ってなんなのだろう。気になった。今の沖縄では、タンカン、温州みかん、あまSUNなどが主として栽培されているようだが、明治、大正の頃はどうだったのだろうか。
 
 1916年発行の伊波普猷監修「琉球語便覧」を開いて、蜜柑に関する言葉を調べたら。
「柑」   ミカン
「香橘(クネンボ)」 クニブ
「仏手柑」 ブッシュウカン
「橙」   デーデークニブ
の4種類が載っていた。
 
 宮古の子守唄では、蜜柑木をふにりあ、と呼んでいる。宮古島では、蜜柑のことを、「ふにず」というのだという。
「H」音は「K」音と交代することが多いから、「ふにず」は「くにず」。
沖縄本島で、タクシーに乗った時、運転手さんと話して、「南風平=こちんだ」の話になった時、「ほちんだ」と発音していたのを今も覚えている。)
「ブ」と「ズ」は違うが、クニブと似ている。
 
 クニブは、九年母=クネンボ。原産は東南アジア。日本には室町時代に渡来し、江戸時代に紀州みかんが登場するまで、日本の主流だった。家康やら秀吉やら大名たちが好んで食べていたのは、このクネンボだったという。
 沖縄でも主要産品だったが、1919年に害虫ミカンコミバエが発生し、本土への移出が禁止(解禁は1982年)。生産が激減し、やがてタンカンや温州みかんに主役を譲ったということらしい。
 
 クネンボを食べたことがない。
 俳人石田波郷の句に、

「九年母や我孫子も雪となりにけり」

というのがあるのを、最近見つけた。

 戦時下の昭和17年(1942年)の句だ。
 首都圏でも、柑橘類の中で、クネンボが普及していたのだろうか。
 ミカンコミバエのせいで、沖縄産のクネンボは手に入らなかったはずだ。
 あるいは、波郷の故郷松山から届いた愛媛産のクネンボだったのだろうか。
 
 この冬、紀州有田みかん、愛媛みかん、山口・周防大島の青島みかんと、産地を気にしてミカンを食べているが、クネンボを食べてみたい。
 沖縄産は、あの名護市の羽地が有名な産地だったらしいが、いまも簡単に手に入るのだろうか。
 
 島覆い、国覆う、めでたい蜜柑木であれば、なおさら。