カルガモは紀皇女には似あわない

 秋になって、鳥たちも生き生きしている。
 休日に、近所を散歩すると、側溝からサギが飛びあがって、電線にとまった。
 側溝をのぞくと、獲物のザリガニがいた。
 
イメージ 1
 
 小川には、カルガモが4羽にいて、頭をもぐらせて餌をさがしていた。
 
イメージ 2
 
  仲間のカモが、外国にわたって、夏をやり過ごしているなかで、カルガモは、日本にとどまってすごす。 
今の時期のカルガモも、母子なのか、兄弟なのか、とにかく、仲良く群れている。
 
  どうして、カルガモというな名のか。
 万葉集に軽の池のカモを題材にした、紀皇女(きのひめみこ)の歌があって、これを由来とする説が有力らしい夏の歌なので、カモはカルガモしかいない。歌われた、軽の池のカモは、カルガモだから後世の学者が「軽鴨」と命名したという説らしい。
  歌は
 軽の池の浦廻(うらみ)行き廻る鴨すらに玉藻のうへに独宿(ひとりね)なくに (巻三 390番)
 
  梅原猛氏の解釈はすごい。
 軽の池の浦を行き廻る鴨さえ独りねない。どうして私が男と寝て悪いのか。という開き直った女の歌である。これは姦通がばれたときの歌ではないか
 軽皇子の妃だった紀皇女は、弓削皇子らとの姦通のゆえ変死を遂げたという説ゆえの解釈らしい。
 
 カルガモは群れているが、オシドリのような夫婦ではない。夏の情景を歌った写生ではなくて、「浦廻=うらみ」と「怨み」をかけたような心情吐露の歌だから、カルガモにこだわる方がヘンである。
 
イメージ 3
 
 カルガモ=黒鴨説もあるという。クロガモがカルガモになったという。平凡だが、こちらの方がまだ、いいのではないか、と思う。
 カルガモは、韓国語で「白い頬をした黒い鴨」という。ちなみにモンゴル語で黒はカル、ハル。
 カルガモ黒鴨説の方に一票いれたくなる。
 
+++++++++++++++++++
 カルガモと、似たマガモのメスを見分けるときなどは、カルガモのクチバシの先の黄色を目印にしている。黒と黄がはっきりしている。
 英語では、Yellow-nib duck =黄色い口先のカモ という呼び名もあるという。目元の白とともに、わかりやすい識別法だと思う。