モリヤさんの素晴らしいカワセミ写真

 近所の小川で見つけたカワセミの後日譚。
  スチュワート氏の情報では、モリヤさんが最近、あの小川でカワセミの写真を撮影したらしいとのこと。早速、モリヤさんが中心の写真サークルの発表を見に行くと、ホバリングするカワセミの最新ショットが、掲示されていた。
  素晴らしい。さっそく、モリヤさんに話を聞かせてもらったところ、もって行ってくださいと、3点のカワセミの写真をいただくことになった。
  すごいのは、昨年撮影の枝に止まった4羽の仔鳥。
 「あんなところに、4羽、いや親鳥をいれると5羽以上いたんですねえ」と興奮してしまう。 仔鳥に小魚の餌を与える親鳥のショットも。
「こんな小魚も、あんなところにいっぱい生息しているんですねえ」
 
 つい昔は、工場、生活排水垂れ流しの汚い川だったのが、きれいにしようと思えば、こんな風に変るんだな、とびっくり。護岸工事とともに、川の本流から水を引き、放流しているのも大きいようだ。
  あまり、撮影には興味をもてないが、一瞬、やる気を出して、「撮影にどのくらいかかりましたか?」
 「まる1日ですね」とこともなげにモリヤさん。「そうですよね」とこちらはトーンダウン。
 
イメージ 1