猫の展覧会で漱石の猫を見る

 松濤美術館ねこ・猫・ネコ」展を見に行った。猫の絵や彫刻を集めた美術展、猫好き大集合の賑わいだ。
石井鶴三の「猫」の彫刻は、怒りを全身に発散させていて微笑ましいし、岡本一平漱石先生」の猫は、前脚を伸ばした漫画のような仕草が面白い。
 漱石自身が描く黒猫の水墨画があった。モデルは漱石が飼った3代目の猫という。右を頭にして横になり、こちらを見ている。猫の後ろに、高く伸びた藜(あかざ)が描かれていた。題は「あかざと猫」。
  
 猫は牡丹と一緒によく描かれる。猫は「命」と同音なので長寿を意味し、牡丹は富貴花とよばれ、富を表すので、中国で猫と牡丹の図は好まれ、室町時代から日本でもこの画題が盛んになるのだと、パンフレットに書いてある。
  なるほど。さらに、蝶も「長」と同音で長寿を表すので画題に加わって、段々賑やかになる。
 
イメージ 1
                               妻沼聖天の18世紀の彫刻、猫と牡丹と蝶の3点セット
 
 漱石が選んだ「あかざ」は、いまひとつなじみが薄いが、田圃の畔などに1メートルほどすくすくと伸びる一年草雑草扱いされるが、若葉は食用になり、茎は固く丈夫に育つので、乾かして杖に用いる。「あかざの杖」は、軽く、これを手にした老人は長生きするとされる。長寿の象徴。松尾芭蕉は、美濃の門人宅に招かれたとき、 
 宿りせん藜の杖になる日まで
 
 と、生えている藜が杖に作られる時節までも逗留したいと、挨拶句を贈っている。
 
 漱石は、富の象徴の牡丹の代わりに、新機軸で、長命の象徴のあかざを選んだのだろう。描かれたのは大正3年。修善寺での大吐血から奇跡の復帰をして4年、「こころ」を連載していた。
 しかしながら、漱石の長寿の願いは叶わず、この作品の2年後、49歳で逝去した。
 
 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  展覧会には、我が家の猫のように、尾だけ真黒な猫が多数描かれていた。与謝蕪村、原在正、千草掃雲、炭谷義雄と十作以上。絵にしやすいのだろうか、黒い尾の猫は。
 
イメージ 2