猫にカツオの中落ちを

 夕方、なじみの魚屋磯友に、久しぶりに細と顔をだした。磯友は、猫を2匹飼っている。
 
 ノラだったのが、今では住みついて家の中で暮らしているが、ちょうど、駐車場で毛づくろいをしていた。
オヤジさんが声を掛けると、ニャオとこたえて裏口から家に戻った。
「寝ていると、猫がおなかに乗ってきて、重くて目を覚ましてしまんですよ」
  オヤジさんはニコニコと話す。猫を3匹飼い、庭でノラを6匹面倒をみているご婦人のお客は、「それはオスでしょう。甘えてくるのは、たいていオスね」と言いあてた。
 
 このご婦人はトビウオの切り身を猫にあげるので、客仲間に知られている。魚屋さんに住み着いた猫は、魚に不自由しないし、どうやら捌いた高級魚の残りものも、食べているらしい。ノラだった2匹は、相当、オイシイ「人生」にありついている。
 
 さて、買物。通り過ぎた台風の影響で魚は少ないが、しめ鯖があるよ、秋鯖が美味しくなった、と勧められる。秋刀魚は、「売りきれた、今年は高くて嫌になるよ」。
 しめ鯖と浜名湖産の大きなアサリと、蛸を買った。「猫ちゃんに、これ持って行って」と、カツオの中落ちを袋につめてくれた。
 
     ++++++++++++++++++
 
  きのう、浅草近くの田原町で、飲んだ。 居酒屋の階段に、りっぱな、招き猫が置いてあった。初めは、場所柄、今戸人形の招き猫か、とおもったが、九谷焼の盛技法の招き猫らしい。
 
イメージ 1
 いい猫だな、と思ってケータイで撮影した。酒席で、初めて一緒に飲んだ方と会話が進むうち、この男性が、なんと素晴らしい猫の絵を遺した尊敬する大画伯熊谷守一先生の身内の方だと、わかった。
 それからは、画伯の話ばかりー。招き猫の不思議な力を思わずにいられない。